a_blink_

眼に映したいくつものあなたを記憶出来ない儚さを愛していたい

眼に映したいくつのもあなたを記憶出来ない儚さを愛していたい

堂本剛 平安神宮LIVE 2015

初日の朝がまんできず12日の公演も増やしてしまい、結局3公演とも行ってきましたもかさんです。でも全部行ってよかったと心の底から思ってる。

ちなみにつよしくんのライブはTU FUNK TUORの大阪城ホール公演に続いて2回目。


以下ネタバレあります。そしてめちゃくちゃ長い。9000字こえてる(笑)

また、自分のために書いてるようなものなので特に面白みはありません。

 

 



 

セットリスト
瞬き − 涙奏
Help Me Help Me…
(instrumental)
Love is the key
いとのとち
I gotta take you shamanippon
Clap Your Mind
Now's time to change the world!
PINK
バンドセッション


途中Help Me Help Me…Love is the keyのあいだにインストの曲(でいいのかな?)が入っていたりするけどとりあえずよくわからないのでかっこで。

テーマは「いたみ」。初日のあいさつでわたしがこれを聞いてぱっと頭に浮かんだのは「痛み」。でも「傷み」や「悼み」もあるんだなとあとから思い知らされました。すごく納得。

思い込みだったり、決めつけってよくないね。頭をやわらかくして考えたいし感じたい。

まずは1日目から順番に感想を。

 


9月11日 11列80番台
リハーサルという名の壮大なネタバレをきいていましたが、わかっていたのはClap Your Mind、I gotta~、PINK。Clap Your MindはTU FUNK TUORでもやっていて、大阪城ホールできいて好きになった曲。平安さんでもきけるのかと嬉しくなりながら急いで参拝してました。そして何より驚いたPINK。え、この曲を歌うんだ…ととても動揺。

会場に入るとステージがきれいでうわあって気持ちが高ぶる。暗くなっていよいよ開演。めちゃくちゃどきどきした。これを打ってる今もどきどきしてるんだけどこれはなに。

 


まずは瞬き。これは涙奏でいいのかな。

ひとつひとつの言葉を噛みしめるように歌っていて、すごく心に響いた。実際つよしくんの声もきれいに響いていて、平安神宮でやる意味がもう生まれていたと思います。空の下できけるなんて贅沢すぎる時間でした。

「眼に映したいくつもの光を記憶出来ない儚さを愛していたい」と歌っていました。基本照明は青かったけれど、このときちょうど白い光がぱーっと出ていて、この歌詞も相まってすごくきれいだった。

思い出したり、浸るために瞬きをきいてもやっぱり普通のだとまったく違うのでもどかしい。まだロイノチノイの通常盤は買えていないのですぐにでも買いたいです。きっとそれでもあのときの歌はもう戻ってこないからせつないし儚いね。でもそれを愛していたい。愛おしい。

Help Me Help Me…
これも歌うんだ…って驚いた曲。この曲はCDの音源をきいたりやMVを見るのは少し心が痛くなる。でもこのライブのHelp Meはそんな感じではなかった。

「いっそ叫んでしまえば 愛になる」「光になる」「未来になる」
「嘘んだ社会が笑顔で僕を殺す」

歌詞を変えて歌っていて。ここでつよしくん自身も変わったんだなと感じました。わたしはまだすきになって1年もたたないひよっこなので、全然当時のことは知らないけれど、それでも変わったんだなって。今まででいちばんやさしいHelp Me…だったんじゃないかな。

「世界らは武器をとるよ」と歌っていたと思う。そして最後に、「愛している 君を 僕を 世界を」と。もうすごく泣きたくなって。涙は出てないけど、なんだかそんな気持ちだった。語彙力の無さよ。

 

次の曲とのあいだにインスト。つよしくんDJやってる…!!かっこいい…!ゆがなへーいや!つなげ!みないな(ニュアンス)あとブーブーやってた(伝わらない)

コーラス隊が凄かったです。つよしくんのライブはバンドのみなさんも見たくなる。


Love is the key

ここでざわざわし始める。立つのか?立つのか?みたいな。わたしは平安神宮さんは初めてだったのでよくわからず、まわりの人たちに続いて立ちました。

CDよりゆったりしていたと思う。CDきいてもこれじゃない感半端なくて止めてしまう(笑)

そしてシャボン玉が出てくる。きれいすぎた。すごくきれいだった。つい手を伸ばしてしまうけど、触れたらすぐに消えてしまった。儚くてとても美しい。照明に照らされるときらきらしていて、たまらなかったです。


いとのとち

おお・・!ってなった曲。TU FUNK TUORでも歌っているし、つよしくんこの曲好きなんかな、お気に入りなんかなってちょっと思った。ファンク。

ちなみにわたしはツアーできいてからかなり好きになった曲。でもこの平安神宮でもっともっと、あのときもう好きになったのにそれを軽く超えてしまうくらいの別の好きっていう気持ちが生まれた。

ぶわあって炎が出てきた曲。「いとのとちの赤い華へ咲き戻ろう・・・」で照明が真っ赤になるのもきれいでした。


I gotta take you shamanippon

\きたー!/

やっぱりテンションあがる。ノれるし楽しい。からだがつい動いてリズムをとってしまうのが楽しい。気持ちいい。まだしゃまポーズがちょっとよくわかってなくて間違えてた(笑)途中で気づいたけど、大阪では間違えてたかもw

めっちゃかっこよかった。つよしくんも、楽器の音も。

 

Clap Your Mind

\きたーーー!!/

I gotta〜からのClap Your Mindの流れがめちゃくちゃかっこよかった!この曲もあがる!これもツアーできいてめちゃくちゃハマった曲。クラップするのほんと楽しい。

グルーヴ感も最高。ほんとすき。


Now's time to change the world!

この曲もゆっくりで最初なんの曲かと思った。終わり方がなんか難しかった。というと語弊があるけど、おわった?のか?お、まだか?みたいなw でもコーラス隊が本当にすごかった。

CDきいてもこれじゃない感はんぱない第2弾でやっぱり止めてしまう(笑)


PINK

やっぱりPINKがいちばん印象に残りました。特に初日。

でも上手く言葉にはできなかった。

ピンクに膨らんだ昨日で、照明もピンクになって。ブルーにひび割れた今日で、ブルーになって。混じってはじける明日ね、でまたピンクが強くなる。はあ、すごくきれいだった。

あいさつで歌うとつらかった頃を思い出す、えぐられる、できれば歌いたくない(ニュアンス)って言ってたけど、それでもこの曲を歌うことにしたんだなって。いたみと向き合うって簡単にはできないし強くなったんだろうなあ・・・いやほんとにひよっこが何を言っているんだって言われるかもしれないけど。

わたしはこの曲をきけたことは嬉しかったです。

 

そしてセッション。これほんとすごかった・・・!それぞれの楽器のソロがめちゃくちゃかっこよかったです。つよしくんがそっちのほうを見ていたり指で合図していたりするのもかっこよかった。1回静まっておわるのか…?とおもったらまだおわらない。みんなそれぞれやっていたけど、それが最後にみんなでじゃーん!じゃーん!じゃーん!じゃーん!って音がぐわあっって合わさったのがもうとにかく最高でした。

 

 

全体を通しては、音楽もさることながら演出が素晴らしかったなと思いました。照明がぱっと変わることによって、一瞬で雰囲気も変わるからね。途中本物かと見間違えるような雲もあった。美しかった。平安神宮も昼間とはまったく違う顔になるからおもしろい。

それになんと言っても空の下できけるってものすごく贅沢なことだなと。天井が宇宙って最高に素晴らしい。

ダンサーさんもすてきだったな〜

 

おわってからのメモ

終わってすぐ書いたメモ マイク忘れたつよしかわいい、シルエットがかわいい、リズムにのるつよかわいい

— もか△メモ用 (@mm_nico72) 2015, 9月 11

合同参拝でマイクを置くとき音が鳴っちゃったつよしくんもかわいかったな。

あとからだが勝手に動くからほんとに楽しい 音楽っていいね ファンク楽しいよ

— もか△メモ用 (@mm_nico72) 2015, 9月 11

 

ひとつひとつの言葉を噛みしめるように歌うつよしさんがすてきです こちらにすごく考えされる、感じさせるものがあると思います

— もか△メモ用 (@mm_nico72) 2015, 9月 11

 

 

あとセッションのときだったか忘れたけど、バンドメンバーに向かって指をくるくるまわしてるのかわいかったな。 

 

平和、平安を願って初日は終了。

 

 

9月12日 12列10番台

この日は初日よりもこみあげてくるものがあって、ご一緒させていただいたからと2日目っていいですね…!ってお話ししました。ちょっと涙も出た。

初日は初日でそのときだけだし、毎日同じ演目ではあるけれど違うものが見れてすごく充実しているなと感じていました。きっと明日の最終公演もそうなんだろうって思いながら帰ったなあ。

 

瞬き − 涙奏

前日よりも響きがすごかった気がする。位置が端よりになったからかわったところもあるかもしれない。

「眼に映したいくつもの光を記憶出来ない儚さを愛していたい」


Help Me Help Me…

やっぱりイントロでちょっと緊張してしまう。昨日きいてCDやMVほど痛々しいものではないとわかっていたけど、それでもやっぱりどきっとする。この日も「愛している 君を 僕を 世界を」で泣きなくなった。


(instrumental)

この日はここで立ち始めました。最終日もそうならよかったのに・・・この話はまた後ほど。


Love is the key

2日目で一番印象に残った曲はこれ。

Love is the key この曲のイントロでシャボン玉が出てきて、それが光にあてられてきらきらしてて、紫っぽいいくつかの色があるような照明に照らされるつよしくんが美しすぎた…本当に美しかった…

— もか△メモ用 (@mm_nico72) 2015, 9月 12

この瞬間が美しすぎて、思わず口を覆ってしまった。なにか出ると思ったのかな・・笑

でも本当に本当に美しくて。時を止めたいと思うほどの光景でした。わたしの眼に映っていた景色はだれのものと同じでもないし、あの日しかなかった。そんな素敵な光景を眼に映すことができてしあわせだったなあ。あの席になったご縁にも感謝。

そして同じくイントロでレーザーと共に雲が客席に向かってくる場面。この日端よりの席で見たときは迫ってくる感じがめちゃくちゃすごくて圧倒されました。すごくリアルに感じられて不思議だった。

 

いとのとち

きけばきくほどどんどん好きになっていく。ライブで化けることって多いね。


I gotta take you shamanippon

相変わらず楽しい。前日よりしゃまポーズもできるようになりました。笑


Clap Your Mind

これも相変わらず楽しい!I gotta〜とこの2曲は特に自然とからだが動いてノれる。


Now's time to change the world!

セットリストがわかってるから、この曲の後半になるにつれてどんどん次がくるんだ…って緊張してた。あともうすぐおわってしまうんだっていうさみしさも感じてたなあ。


PINK

この日も初日と同じようにいろんなことを感じながらきいていたけど、やっぱり言葉にすることができなかった。

本当につらくてしんどかっただろうに、こんな曲をつくれてしまうつよしくんのことが愛おしいしせつないし悲しいし苦しいしすごく愛したい。


バンドセッション

 ドラムとパーカッションのからだの奥にどんどん響いてくる感じがたまらなかったです。ご一緒させていただいた方とわかりますー!!って話せたのも楽しかった!あとこの日はスティーヴさんがよく見えたんだけど、ソロでやってるときめちゃくちゃかっこよかった・・・!宇宙人すごい(失礼)

 

ライブ中1人じゃなかったのは2日目だけだったけど、途中できれいですねって言えたり、終わってからもごはんを食べながら感想を話したりキンキやつよしくんの話をすることができて、楽しかったなあ。ご縁に感謝。

 

12日はあいさつもすごく印象的でした。いのちのうたで広島に来たときのことも話してくださったとき、やっぱりこみあげてくるものがあって。今年はそれこそ「争い」について考える機会も多かったし、「いたみ」というテーマとわたしも向き合わないといけないかなって思いました。

あと見た目で判断するのはよくないね。うん。

星空が〜って話したときにみんな空を見たけど見事に雲に覆われててざわざわする客席(笑)心の眼、心眼でみればいい(ニュアンス)って言ってたけど、雲で隠れているだけで確かに星はあるもんね。感じることも大事。

 

そして最後。「またあい…」って言いかけて止めたつよしくん。愛してるって言おうとしたけど、また会いましょうな流れで頭の中が混乱したと(ニュアンス)。愛おしいなあと思いながら待っていました。

もう一度、「みなさんのこと、嘘なく、本当に、愛しています」と言ってくれました。順番はちがうかもしれないです。すごく嬉しかったなあ。ありがとう、わたしも愛していますって心の中で返しました。

つよしくんのライブっていいなあと改めて感じることができた日でした。

 

 

9月13日 36列90番台

最終日は開演まではいのちのうたのパブリックビューイングでご一緒した方と過ごしていて、京都を観光しているときからライブのことでどきどき緊張していました。今日でおわってしまうさみしさもすごく感じていて、初日も2日目もほぼ泣かなかったけど、さすがに今日は泣きそうだなって思っていました。

 

結果的には瞬きからめちゃくちゃ泣きました。

 

瞬き − 涙奏

つよしくんが出てきて、歌い始めた瞬間からすぐ涙がぼろぼろこぼれました。じぶんでもよくわからなかった。だって1日目も2日目もこんなことなかったし。

36列と35列の間には通路がありました。昨日までは瞬きとHelp Me Help Me…の2曲はみんな座っていたので、ずっと座って開演を待っていたのですが。開演の少し前に数人立ち始めまして。ちょうど斜め前の人も立っていて、やばいこれ見えないってなってて。列が後ろだったのはつよしくんを見ようと思うとなかなか難しいけど、後ろからも見てみたいなと思ってたので席自体は気にしてはいなかったんですが、でも最初の2曲は遠くても見えるなあと思っていたのでやっぱりショックで。べつにいつから立つっていう決まりがあるわけでもないし、わたしも立てばよかったのかもしれないけどできなかった。後ろを振り返ったら最後列あたりの人は立ってたけどすぐ後ろの人たちはみんな座ってて。立つ人が増えれば立ったのかもしれないけど、むりだった。

今年は本当に運がないんだなって思ってました。悔しいなあなんでなんだろうみたいな気持ちもあったのかもしれない。立ってる横の人がなぜかどんどんその人に寄っていくからどんどんつよしくんは見えなくなるし(笑)なんだかんだつよしくんのことはやっぱり見たいのよ。

もう声が聞こえた瞬間ぽろぽろ泣けてきて止められなかった。自分でもびっくりするくらい泣いてた。声の響きも一番すごかったと思う。位置がかわったからかもしれないけど、空の下で、すごく響いていることにも感動してまた涙。声はとてもきれいだった。

偶然なのか狙っていたのかはわからないけど、二筋の光の交わるところにひとつ明るく光る星があって。すごい、すごい、星が照らされている、こんなことってあるんだ、美しい、儚い、きれいだっていろんなことを思いながらぼろぼろ泣いてた。上を向いてるのに涙がどんどん流れてきた。溢れてきた。

すきまから見えるつよしくんを見たり、光を見たり、星を見たり、とにかく泣いた瞬きだった。

そして昨日までは「眼に映したいくつもの光を記憶出来ない儚さを愛していたい」と歌っていたのに、この日は「眼に映したいくつものあなたを記憶出来ない儚さを愛していたい」だった。号泣。正にこれだなって。眼に映したいくつものあなたを記憶出来ない、けどそれがきっと人間だし、そんな儚さを愛していけばいいのかなって思ってまた泣けてきて。だってそこにいた事実は変わらないし、わたしはその瞬間を確かに感じていたから。

「瞬きするたび 大切なものが消えていく 溺れても走る 眼差しの色が 叶わない恋みたい」もすごく心にきて。わたしつよしくんにはほんとに恋してるんだなってちょっと恥ずかしくなった。でもすきなんだもん、しょうがないよね。

今までで一番心に響いた瞬きでした。


Help Me Help Me…

まだここも泣いてます。最終日は「いっそ叫んでしまえば愛になる」「光になる」「光になる」だったね。

「愛している 君を 僕を 世界を」でもやっぱり涙は止まらず。いろんな感情でぐちゃぐちゃしてたけどわたしも愛してる、愛していきたい、愛していたいって思ってた。

あとサビを「I love you」と歌っているときもあったそうで。映像とCDに残っているらしいからそれもきいてみたい。


(instrumental)

昨日はここで立ったからみんな立たないかな・・・!って思ってたけど立たなかった(涙)ざんねん。ちょっとせつなかったよ。笑

ようやく涙は落ち着きはじめました。

 

Love is the key

後ろから見るのもめちゃくちゃきれいだった。シャボン玉が遠くからだとシャボン玉だとはわからなくて、きらきらしている光だけが見えてました。美しかった。でも案外雲の迫ってくる感じは2日目が一番だったなあ。なんか途中であいだがあいてまた雲が向かってくる感じだったからかな。

後ろのご社殿に映る光の感じもきれいだったなあ。

I love, Love is the key

I love, is the key

I, Love is the key

愛 is the key


いとのとち

遠くから見るとやっぱり照明とかがきれい。真っ赤になるのもきれいだった。


I gotta take you shamanippon

もうこの日は自然と腕が動いてしゃまポーズができました〜うれしかった!思いっきりできるのって楽しいね。帰ってきてからもたくさんきいてる。


Clap Your Mind

この曲飽きなくてほんと楽しい!テンションあがりまくり。最初CDを買ったときは全然きいてなかったのにな〜(笑)


Now's time to change the world!

これ打ちながら改めて気づいたんだけど、この曲のタイトルにはchange the worldが入ってるんだよね、わたしの大好きな。だからなんだって話ではあるけど。笑

手を伸ばしたときに空を見上げてました。空は広かった。大きかった。そんな空の下できけたことに感謝。


PINK

最後の PINK。後半全然つよしくん見えなかったけど、奥に入って歌ってたみたいですね。どんな顔で歌ってるんだろうなあって考えながらきいていました。

この日のピンク色は少しだけあたたかく感じたなあ。なんというか悲しいだけじゃないピンクというか。明るく照らす色の光も感じることができた気がします。

歌い終わって、真ん中に白い何筋のも光が円をつくっていて。この中につよしくんはいるのかなって思って見てました。

(土日はカメラ入ってたみたいだし、是非とも映像化をお願いしたい所存です。)


バンドセッション

この日のセッションもよかったな〜!またスティーヴさんに持っていかれた!シンバルを連続で叩くときに一瞬音が消える感じもよかった。それをとばした?かなんかしたみたいで軽く笑いが起きてたのもおもしろかったし、ライブ感がよかったです。ドラムとパーカッション超かっこいい。あとSWING-Oさんもすごかったなあ。みんなすごかった。

初日のときにも書いたみんなが合わさるクライマックスのとき、音の集合でもぐっと心を掴まれてあああおわってほしくない!って心の底から思ってたんだけど、遠くから見たこの日は光の感じもすごくて感動した。一気に明るくなるの。光がつよくなるの。わたしこの3日間最高な時間を過ごせたなってもううれしくてうれしくて。力強い演奏だった。は〜思い出すだけで幸せな気分だ。

 あと、前日の夜ごはんのときに昔はつよしくんはずっと真ん中で歌っているだけでバンドメンバーのほうに近づいたりしていなかったというのもきいていたので、そうやって動いたり指で合図をしていたりするのがすごく嬉しかったです。

 

あいさつで星もちらほらと〜みたいなこと言ったからこの日もみんな空を見上げた。雲がかかってて見えなくてちょっとざわついてたけど、確かに星は見えてたからね。輝いていた。瞬いていた。すごくすごくきれいだったよ。

3日間とも雨が降ることなく無事開演してとどこおりなく終演したことにも感謝。初日に雨が降ったらテントをはるってつよしくんが話したときなにそれやだ!って思ったもんw

 

 

あとね、初めてって大切なんだよね。

わたしは初めてのブイコンは地元の広島で迎えることができたし、つよしくんのライブの初めては城ホールでビッグバンドでの演奏をきくことができた。初めてのキンキもありがたいことに広島で。そんなこと考えもしてなかったけどやっぱりうれしかった。

そして初めての平安神宮LIVE。今年でよかったかなって。2015年、「いたみ」というテーマのときに来れて。「いたみ」についてはこれからもう少し考えていきたいな。がんばろう。

 

そして何よりつよしくんを好きになれてよかった。そうじゃなかったらこんなすてきなものには出会えてなかったから。

 

 眼に映した何枚(いくつ)もの写真を、光を、あなたを記憶出来ない儚さを愛していたい、けどやっぱり記録に残ったらそれはそれでうれしいので映像出してください。初めてのことって余計求めてしまうのかな。でもあの日眼に映したもの、きいた音はわたしだけのものだしもう二度とないから同じものではない。そう思うとやっぱり儚いね。けどそれでいいんだと思う。

 

そうだ、これも残しておこう。13日は日曜日、つまりにこにこ健゜更新の日。一緒に帰っていた子たちが岡山駅で降りてひとりで新幹線に乗っているときだったかな。この日は23時更新だったはず。けんくんはミスチル兄さんのライブに行かれたようで、その感想が綴られていました。さすがに文章は載せられないから伝わらないと思うけど、その文章にうんうんって頷きながら読んで、言葉にできなかった気持ちがちょっとすっきりしました。ジャニウェブ登録してる人はぜひ読んでみてください。その329だよ。

 

 

また来年も平安神宮LIVEに来れたらいいなと純粋に思ったので、わたしもささやかながら願っておきます。

 

つよしくんすてきな時間をありがとう。

 

 

 

 

 

家に帰って瞬きを歌詩を見ながらきいてたらいろいろ発見がありました。明日(みらい)と昨日(かこ)、過去(きのう)と未来(あす)とか。瞬きは買ったとき歌詩を見ながらきいていたはずなんだけど、さらっと見ていたのかなあ。まだききはじめてそんなにたってなかったし歌詩を覚えているわけでもなかったし気にならなかったのかもしれない。もっとゆっくり歌詩を見ながらききたいなあ。