a_blink_

眼に映したいくつものあなたを記憶出来ない儚さを愛していたい

アイドルが好きです

今週のお題「私のアイドル」

 

 

 

アイドルってなんなんだろうなって、もうずっと考えている。

 

ジャニオタにとって担当って特別な存在ですよね。私にとってのアイドルの理想像はイコール担当だと思います。

 

 

私にとってアイドルは、その姿を見るだけでも頑張ろうって元気をもらえたり、好きだなあ〜ってきゅんとなる、幸せな気持ちにさせてくれたりする人たち。

夢の世界できらきら輝いていて、その裏ではきっと絶え間ない努力を重ねている。だから人としても尊敬できるし、何度でも好きだと思わせてくれる。

応援するにはエネルギーが必要だしお金もかかるけれど、それでも応援したい大好きな人。

 

現在の自担は、V6の三宅健くんとPrince…いや、King&Princeの岸優太くんです。

好きな人たちは他にもいます。でも三宅くんを自担としてから長い間、掛け持ちはしつつも担当という冠はつけてこなかった。例えばつよしくんなんかは、大好きだけどアイドルとして担当だ、とは思えなくて。

今は二人ともアイドルとして好きだと思えるから担当を掲げています。

 

そして、岸くんの前に一度担当という冠をつけたけど、今はもうその看板を降ろしてしまった人もいる。

色々と理由はあるけれど、一番の要因は単純にときめかなくなってしまったから。本当にこれは本人だけのせいじゃないし、私自身の変化もある。今でも好きか嫌いかで言えば好きだけど、どうでもいいやってなってしまった。冷たいね。

 

 

だからときめくことができるのってけっこう大事で、リア恋沼岸くんなんてドンピシャしんどい大賞です。なんなら軽く同担拒否。

 

でもときめく人たちってアイドルじゃなくてもいるんですよね。

身近なところに好きな人がいれば学校に行くのだって楽しい気分になるし、なぜか今になって某卑猥な単語ロックバンドにハマってしまい、43のゆるふわ妖精おじさんにときめきまくっている…(厳密に言えば、25と30前後くらいのAさんに恋してるので許してほしい)(一応言っておくけどちゃんと彼らの音楽が好きですよ!)

 

好きだ〜ってきゅんきゅんできたら誰でもいいのかよって話だけど、やっぱり好きの気持ちに勝てない部分はあるんですよ…。だから余計にアイドルってなんだ…って思ったりしてたし、あとまあ彼氏なんかができたらこの気持ちも変わるんだろうなあって思います。

 

というわけですので私にとっては結婚だってアイドルであるかという以前に、その人が好きか否か、ときめき指数の度合いで私の中で受け止め具合がかわります。今の私にとってはおかだくんの結婚より断然妖精おじさんが指輪つけてテレビ出てることのほうがしんどい。 

 

でも妖精さんはアイドルじゃないから しょうがないよな〜って割り切ってる部分がある。アイドルってお仕事だから。ここでアイドルじゃない人たちとの違いがあるんだなって改めて思います。

 

 

悲しいかな、理想や欲を押し付けているんでしょうね。

"アイドル"だから、してほしくないことがある。

岸くんと結婚できるとか本気で思っているわけじゃなくても、(したいけど)夢を見ているから結婚されたらショックを受けるに決まっている。健くんはリア恋とはちょっと違うし本当に幸せになってほしいとは思っているけど、現実になったときは正直どうなるかわからない。

 

"アイドル"からの言葉に救われたときは、無意識のうちにこういう言葉を求めていたんだなって思う時もあるし、こちらの想像をこえる言葉をくれて感謝の気持ちでいっぱいになることもある。その感情にはアイドルだからとはいえこんなにもファンのことを考えてくれて嬉しいって気持ちと、矛盾するようだけどそんなに背負わなくてもいいのにって気持ちもあったりしてごちゃごちゃしています。

 

でも私というファンはたくさんのアイドルの中からその人を選んで応援して、勝手に冷めたりするくらい自己都合でしか生きていなくて、とはいえそんなものだと思うのですよ。

本当にエゴでしかない。

けど、それを考え始めると終わりがないし、消費者もいないといけないわけで…

最近はごちゃごちゃ考えるのは控えるようにしていて、彼らからのプレゼントはありがたく受け取って。そのかわりアイドルになってくれて、アイドルでいてくれてありがとう…という感謝は絶対忘れないようにと思って応援しています。

 

 

いつもはかっこいい!!!かわいい!!!好き!!!くらいしか言えないおたくなので普段からこんな小難しいことばっかり考えてるわけじゃないけど、様々な犠牲や努力の上に成り立つ儚さや煌めきがどうしても好きだし、だからこそ響くものがたくさんあるんだろうなあ。

 

 

私は今日もアイドルが好きです。 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

______________________________________

 

 

  

 

 

余談

ここまで書いて思ったけど、改めて中元日芽香ちゃんって私にとって、とっても"アイドル"だったんだなあって…ああ…

 

がむしゃらに進む姿勢というのは
それだけで人の胸を打つもので
 
特別な才能があるわけではない私でも
勇気なのか、癒しなのか、希望なのか、
色んな感情を与えられる。
 
アイドルの一番のウリは
素のキャラクターと
仕事への"姿勢"なんだと思います。
 
シンガーには敵わないし
ダンサーには敵わないし
芸人には敵わない。
 
パフォーマンスが完全でない分
いかに目の前のことに真摯に取り組むかが
求められている職業かなと考えた時、
 
私はアイドルとして何事にも
全力でぶつかってきたつもりです。

 

 

最後まで"アイドル"として駆け抜けてくれてありがとう……

はじまりか、を残して「広い宇宙にあなたと私 出会えた奇跡にありがとう」って言ってアイドルを終えた万理華とひめたんの卒業によって、私のアイドル推し人生、マジで一幕終えたわ…。

 

 

 

 

 

 

僕は君に会えてよかった

 

 

2017年ももう終わりですね。

今年も激動の一年でした。

 

特に下半期はアイドルについて考えさせられる時間となりました。

あとめちゃくちゃ泣いた一年だったな。

 

 

私の推しのアイドルたちが卒業します。

乃木坂46中元日芽香ちゃん、伊藤万理華ちゃん。そしてお金を使うようなことはしなくなってしまったけど、渡辺麻友さんも。

 

まゆゆは初めて握手したアイドルで、総選挙で投票したこともあるし、ずっと一位になってほしいと願っていたのは彼女でした。

一位になったときはもちろん泣いたし、なれなかったときも泣いた。

ずっと王道アイドルを貫いてきたまゆゆが大好きでした。

卒業おめでとうございます。

 

 

 

伊藤万理華さん。 

万理華ちゃんは王道とは言い難いアイドルだったと思う。

でも私はそこが好きだった。

抜群のファッションセンス、写真が好きなところ、絵を描くところ、鉱物が好きなところ…簡単に言うと趣味が合う。

万理華ちゃんとの握手は本当に楽しかった。同い年だったし話しやすくて、おしゃれで、とっっってもかわいい!私がレモンクォーツのネックレスをつけていたとき、握手そっちのけで「かわいい…」ってネックレスを触りながら夢中になってたな〜宝物です。

もっといろんな話をしたかったなあ。お金があれば何十枚も券を買いたかったし、欲を言えば友達になりたかった。

憧れの存在。

 

だけど、歌って踊るきらきらしたまりっかも最高に好き!!!

乃木坂の曲の中で一二を争うくらい「生まれたままで」が好き。

バレッタで本格的に好きになって、生まれたままでで本腰据えて応援するようになったし、万理華ちゃんを好きになった。

 

生写真ひとつとったってポージングが素晴らしくて、毎回かわいかったな〜

 

万理華ちゃんが久しぶりにアンダーに落ちたときのアンダーライブ、群を抜いた表現力でひときわ輝いていて、さらに好きになった。

 

そして最後の東京ドーム、これでもか!!!ってきらきらしてる万理華ちゃんがいた。

最後の最後で、改めてアイドル伊藤万理華に惚れ直した。

踊るたびに揺れるポニーテールが大好きだった。

アイドルじゃない、表現者としての万理華ちゃんも好きと言いつつ、もうアイドルの姿は見れないんだって寂しさが急にこみ上げてきて、最後までずるい人だなと思った!好き!!!

キレッキレのインフルエンサーがもう見れないのがさみしくてしょうがない。

 

結局弾丸で京都に行って脳内博覧会も見た。

「トイ」の表現力に惚れて「はじまりか、」に泣かされた。

 階段下からの『未来はたった一歩先』の万理華ちゃんが美しくて最高に好きだった。

SUNNY&BLUE、まりっかと万理華。どっちの万理華ちゃんも万理華ちゃんで、何度も言うけどどちらの面も好きだから。福神まで登りつめたし、卒制個展やって、写真集も決まって、とても晴れやかな気持ちで送り出せます。

アイドルとしてのまりっかはいなくなってしまうけど、これからも応援します。

卒業おめでとう!

 

 

 

中元日芽香ちゃん。

最初は同じ広島出身だからとかそのくらいで気になり始めたと思う。

でもいつからか、アイドルなひめたんに惹きつけられていった。

ツインテールも大好きだった。ひめたんびーむも大好きだった。

 

多分ひめたんに対しては、本来の「応援する」という意味で応援していたんだろうなあ。

がんばれ、がんばれって強く思っていたし、誰よりも輝いてほしかった。報われてほしかった。

 

バレッタで選抜に入ったものの、そのあとはなかなか戻れなくて悔しかった。

だからこそ、「裸足でSummer」の選抜入りはめちゃくちゃ嬉しくて泣いたし、曲も良くてMVもかわいくて、にっこにこの笑顔で映っててまた泣いた。

音楽番組もたくさん出て、今じゃイントロで涙腺が緩むくらい思い出がいっぱい。

『いつもの夏と違うんだ』って歌詞がまさに、だった。

 

ひめたんって長い間報われなくて、ポジションもそんなによくなかったと思うし、体調不良で思うように活動できないこともあった。

けど、アンダーでもどんどんセンターを任されるようになった。

「君は僕と会わない方がよかったのかな」「嫉妬の権利」「不等号」そして「アンダー」。

どの楽曲も大切だけどやっぱり君僕が宝物で、すぐ涙腺が緩んでしまうのと大事にしたいから気軽にきけないくらい、本当に宝物みたいな曲。

歌唱衣装もピンクでひめたんのための衣装みたいで嬉しかったし、さすがお似合いになられてました。

MVはグレーの制服でそれもめちゃくちゃかわいかったなあ。

 

そして最後のライブ、新しいグレーの制服風の衣装に身を包んで、ピンク色に染まった東京ドームの真ん中で歌うひめたんが誇らしかった。

今まで見たペンライトの海の景色の中で一番きれいだった。

 

 

 

中元日芽香ちゃんと伊藤万理華ちゃん。

二人とも大好きなアイドルだった。

二人が選抜だったバレッタで乃木坂を好きになって、ライブは推しタオル二本、サイリウムも両手で二人分、握手も二人。

Mステにアンダーでひめたんが出た時、二人で何かしようって一緒にカメラアピールしてくれたのが嬉しかった。

もう一度二人で選抜に入れたサヨナラの意味のMVのダンスシーンで二人共とてもいい表情で映っていたのが嬉しかった。

ごめんね、スムージーみたいな超アイドル曲ももらって嬉しかった。歌い方がかわいいよね〜〜三人とも声が超かわいい。

 

一緒に卒業してしまうなんてさみしいけど、少し安心している気持ちもある。

 

 

私は中元日芽香ちゃんにナンバーワンアイドルの称号をあげたかったから。

順番をつける意味もないし、これはもう意地みたいなものだけど、一番をあげたい。

 

先にひめたんが卒業を発表していて、そのあと万理華ちゃんはいるけどひめたんいないのかあって思いながら見るのはさみしいなと思っていた。

二人とも大好きだけど、万理華ちゃんは本当に多彩で、ひめたんが多彩じゃないとかそういう話ではないけど、ひめたんはずっとアイドルだったから。

 

V6で例えるなら坂本くんといえばミュージカル、長野くんは食、井ノ原くんは朝の顔や司会、剛くんは舞台、岡田は映画…でも健くんはアイドル、みたいな感じ。

 

たくさんのものを犠牲にして、ずっとひたむきに頑張っていた。

最後のブログでもアイドルについて語っていた。

 

ひめたん-0o0-その731 | 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ

 

読みながら、私はひめたんのこういうところが好きだったんだなあって思った。

不器用で、輝くステージの裏側やつらいことなんかもあんまり吐き出さない人だった思う。

メンバーに楽屋でもアイドルだったって言ってもらえてて嬉しかった。

写真写りだってそんなに良くないし(ごめん)、ちょっとぷにっとしてるし(ごめん)、完璧かっていうとそうじゃなかったかもしれないし、もっと可愛い子とかもたくさんいたけど、それでもやっぱりひめたんを応援してきたのは、アイドルに対する姿勢が好きだったからなのかなって。

 

中元日芽香ちゃん、アイドルになってくれてありがとう。

出会えてよかったです。卒業おめでとう!

 

 

 

東京ドームのきっかけで、二人が手をつないで歩く姿を見られて幸せでした。

二度とない、せつなくて儚くて、美しい光景でした。きらきらしてました。

 

 

大好きなアイドルたちへ

これから先の未来が新たなときめきと出会いの場になりますように、愛をこめて。

 

 

 

 

 

 

 

 

8.20 FUKUOKA〜〜〜

 

 

V6 LIVE TOUR 2017 The ONES

行ってまいりました〜〜!ので、取り急ぎ書きなぐりの感想です。(と言いつつ横アリ前ぎりぎりの更新)

三宅担だから基本ずっとけんくんばっかり見てる人の話ですのであしからず。

 

!ネタバレしてます

!MCレポを知りたい人は、もっとちゃんとした方のを読むことをおすすめします

 

 

 

続きを読む

2016

 

 

2016年のまとめ。
結局そんなに更新できず、現場の感想もまとめられないままだったので、ざっくりとではあるけれど記録と一緒に少しだけ。

 

・01/01(金) 2015-2016 Concert KinKi Kids

キンキコン!懐かしい…

光一くんのお誕生日のお祝いができて嬉しかったし、MCでつよしくんが岡田くんにお年玉をせびられた話をされたときは一人でぎゃーーーーー!!!!ってなった。楽しかった…

この時は大阪も二日とも入った。初日に入れてセットリストも何にもわからない状態で、ほんとうに全部が楽しかった!悲鳴をあげながら崩れ落ちたポイントは、やめぴゅ、Misty・キスミス、特にセンターステージでたった二人だけで歌い踊っていた後者の2曲は最高だった……

あとハモデの演出もよかった!つよしくんが大阪でかぶっていた帽子たちがめちゃくちゃ好きだったから東京で髪型かえて一つもかぶらなくて残念だったな〜笑

 

・02/20(土) 4th Anniversary 46道府県制覇!のぎ声リレー

・03/26(土) 広島FM「5COLORS」公開録音 with 乃木坂46

春休みのあいだにまさかの推しの2人に会えて嬉しかったイベント。まず地元に来てくれるのが本当に嬉しいし、ひめたんは凱旋だからなお嬉しい。まりかちゃん髪の毛さらっさらでした〜見習いたい。

 

・04/16(土) 滝沢歌舞伎2016

omg317.hatenablog.com

とにかく2016年の中で一番泣いた日だと思う。書きかけだけど一旦公開…

今はだいぶジュニアも知ってる子が増えて、円盤見るのはより楽しくなってる。

健くんが大好きだし、やっぱり幸せだなあって思った。

 

・04/17(日) ナショナル・シアター・ライヴ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」

ちなみに歌舞伎を観た次の日は、以前森田剛さん主演で観劇していた「夜中に犬に起こった奇妙な事件」の外国版ナショナル・シアター・ライヴを観た。

とってもよかったのだけど、幸人くんが恋しくなりました。あと東京の地理は詳しくはないけど外国よりはわかるしそういう演出も含め、日本版にアレンジされた脚本のほうがいろいろグッときたなあ。

あとこれを見る前に三鷹A.B.C-ZがHanakoで訪れていた珈琲やさんに行ってホットサンドを食べたんだけど、これがめちゃくちゃ美味しかった〜♡ぜひまた行きたい!

 

・04/24(日) 寝盗られ宗介×2

戸塚くんの初現場。初松竹座。転げ落ちるみたいに加速していったので、勢いで一般の電話かけたりなんやかんやしていきなり昼夜入るという。でもこの時昼公演の時間は早かったし、夜公演の時間は全然夜じゃないし今までにない時間の感覚で面白かった。

会ってくださった戸塚担の方々、みんな面白くて楽しかったな〜

舞台も面白かった!劇中で使われていた曲が印象的で今年わりと聞いてたなあ。あとカーテンコールでみんなが挨拶するのがけっこう新鮮だったかも。

それに演者の方が(最近私が観たものの中では)人数がいて、しかも一座のみんなそれぞれがすごく愛おしかったから目が足りなかったなあ。

 

・05/05(木) 乃木坂46 14thシングル「ハルジオンが咲く頃」発売記念 個別握手会

ひめたんも万理華も可愛かったし、何より楽しかった〜

 

・05/29(日) 寝盗られ宗介

一般電話かけて千秋楽まで入るという勢い。大体沼に入りたての頃はガーーーーッとのめり込んでしまう癖があるんだろうなと自分で思う。しかもまさか2ヶ月連続で新橋演舞場にお世話になるとは。

ちなみにお弁当付き桟敷席でとても快適でした。机があったから初めてメモもしてみたな〜。お弁当だけじゃなくて桃プリンも食べたからすっごいおなかいっぱいになってしまったけど、美味しかった!♡

あと錦織さんがいらっしゃって私にはよくわからないところで笑ってて、アッいる…!って思いました。初めて見たよ。

 

・06/29(水) コインロッカー・ベイビーズ

広島公演ありがとう!多分地元に来てくれてなかったら余裕がなくて観に行けなかったと思うので本当にありがたかった。

あと舞台自体がメッッッッチャ好きだった。超よかった。曲も最高だったからサントラ売ってくれ!!!って何度言ったことか!

ハシもキクもよかった。複数の役を演じきっていた真田くんも凄かった。ほかの方もみんなとってもよかった。

でも何よりアネモネが大好きだった。「キクが好き!」って素直に言えちゃうところ。可愛くて健康で、すごく強い。ちょっと今語ろうにも言葉がまとまらないけど、とても可愛い女の子だったことは間違いない。ワニの国、大好きだった!

 

・08/11(木) A.B.C-Z Star Line Travel Concert

初めてのえびコン。初の代々木第一体育館。いつも近くまで行っても外から眺めるだけ、去年死ぬほど入りたかったけど入れなかった、V6にとっても大切な場所。ああ、ここでデビューしていったんだなあって思いを馳せながらもちろんちゃんとA.B.C-Zのコンサートを楽しみましたよ。

席がまさかのアリーナ最後列(つまりバクステ側最前)で、メインステージとセンターステージはよく見えなかったけど、近くに来た時は邪魔するものがないからすっごい人がよく見えて最高でした。

アンコールでデニム衣装のとつかくんがスタンドのほうを見ながら目の前で歌ってた時めちゃくちゃかっこよかった…

あとこのとき見たCrazy about youがすごくかっこよくて曲自体の好き度も増した。バクステからメインステージに向かっていくのをバクステ側から見れたのもよかったんだろうし、映像が流れてたのもよかったよ!

 

・08/28(日) 堂本剛 平安神宮LIVE 2016

今年の平安神宮は天気におどらされたなあ。でも私が入った最終日は公演中は雨も降ることなく無事終演。

全体的にアレンジが好みだったな。ミニアルバムの曲もめちゃくちゃ好きになって帰ってきたんだけど、アレンジが全然違うからコレジャナイ感もありつつ、でもよく聴くようになりました。

NIPPONとかも大好きだったし、まさか音楽を終わらせようを聴けると思っていなくてすっごくどきどきしてました。あと最後のこれだけの日を跨いで来たのだからで友達と二人して号泣していました。

去年も今年もよかったから円盤をぜひはやく出してほしいなあ。映像は収録してたからね、まってます。

 

・09/22(木) 乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー〜中国シリーズ〜 広島公演

omg317.hatenablog.com

ツイッターに落とした感想をまとめているのであんまり書かないけど、めっっっっちゃくちゃよかった!!!!!です!!!!!

 

 ・10/02(日) A.B.C-Z Star Line Travel Concert

戸塚くんが髪の毛切っててひたすらしんどい…を繰り返していた大阪城ホール。円盤も発売されたことだし感想まとめられたらいいなあと思いつつざっくりと。

スタンド2列目でこれまた通路に来たらひーーーってなる席だったので逆に今後がちょっと心配。

戸塚くんは若返ったなあって思った。代々木で見たオールバックの戸塚くんもかっこよかったし、好きにしてくれればいいよ〜と思いつつも、好みのビジュアルになると嫌でもテンションはあがってしまうしモチベーションも爆上がりなのでわがままなおたくでごめんよと思ってはいる。

あと大阪はふみとくんのさらさらの髪の毛がめちゃかわだった…目の前にいたとき本当にきゅるっきゅるだったよ…

5trainでむりむりしんどい;;ってなってたら戸塚くんがすぐこっちのほうにやってきて、Fantastic Rideの歌い出しを近くで拝めたのが最高に幸せだった…上着脱いで持ったまま決めポーズしてて、かっこよかった…

そして「V」。前日のレポを見て、ほう…衣装かえたのか〜と思っていたら上半身裸だし、いきなり太陽のあたる場所のラップを歌い出すし、パニックになりながらわたしの涙腺は崩壊。このころ太陽のあたる場所に関するエピソードもすこし目にしていたせいもあるし、わたしがV6を好きだからっていうのもあるし、そもそも歌詞が良いっていうのもあるし、いろんな感情ごちゃまぜだった。戸塚くんが叫んだラップ部分はカミセンが歌っていて、わたしはいつも泣きそうになってる。去年のコンサートでは号泣していた。昔のことなんてぜんぜん知らないひよっこなのに、いろんなことを想像したりして勝手に泣いてしまう。ギターを弾いて歌う戸塚くんも、バックのLove-tuneと一緒に楽しそうに踊る戸塚くんも、ずっときらきら輝いてた。

あと萩ちゃんと顕嵐ちゃんの顔がかっこいい!!かわいい!!!!!ってずっと言ってた。顕嵐くんはお疲れモードなお顔だったけど超かわいかった。ほんとかわいい。Love-tuneのMasterpieceが円盤に収録されなかったことはかなり残念だなあと思いました。大阪はメインステージを横から見るような席だったんだけど、美勇人くんの脚が長すぎてびびった。脚をあげるところ。なんかもうきれいなお姉さんのようだったな…

いっそのこと大阪も全部収録してほしかった。

 

 

 ・10/30(日) We are KinKi Kids Live Tour 2016 〜TSUYOSHI & KOICHI〜

運良く譲っていただけて入れたアリーナコン。しかもグリーンアリーナ…!地元の会場なはずなのに入るのは2013年のVコンぶり…なかなか久しぶりでした。

このときは終わったあとメモアカウントにツイートしてたからまとめた。

omg317.hatenablog.com

 

 

そして11月。アイドルたちに会える予定は何もなかったんだけど、えびちゃんずーのロケに遭遇しピンクと紫と青の人たちに会えて12ヶ月中10ヶ月、誰かしらアイドルに会えた1年になりました。 

 

 来年は物事を整理してまとめられるようになりたいね。

ただまだまだやり残したことがあるので13月が来てほしいと願っています。

 

 

 

春の踊りは、

しばらく書きかけでおいておいた記事だけど、2016年も終わってしまうので書きかけだけど、一旦公開。自分用メモだしたぶん読んでも大して面白くないと思うのでご了承ください〜

 

 

 

続きを読む

We are KinKi Kids Live Tour 2016 Tsuyoshi & Koichi 【10/30 広島グリーンアリーナ】

We are KinKi Kids Live Tour 2016
Tsuyoshi & Koichi
【10/30 広島グリーンアリーナ

 

以下感想メモまとめ

 

 

続きを読む