a_blink_

眼に映したいくつものあなたを記憶出来ない儚さを愛していたい

ジャニーズに歌ってほしいポルノグラフィティ楽曲について本気出して考えてみた〜Prince編〜

  

ジャニーズに歌ってほしいポルノグラフィティ楽曲について本気出して考えてみた〜Prince編〜

f:id:omg317:20180321171338j:plain

V6編はこちら 

omg317.hatenablog.com

V6編で選んだ曲は抜いて考えました。ちょっと揺らいだのは渦とハート。

デビューが決まったことが選曲にもかなり影響しています。今、歌ってほしい曲たちです。キンプリでデビューするのに、と思われる方もいるかもしれませんがKingのことはまだまだ知識不足なのでごめんなさい!>< なんならPrinceのことだって知らないことだらけだし、ぽるのもオタクとしてはドドドドド新規だし、優しい目で見てほしいです…というかこの2組接点もないし、掛け持ち?してる人も見たことないし完全に自己満だな……うん、楽しかったです。

 

以下目次、曲タイトルは歌詞リンクになっています。

 

Prince

Heart Beat

Heart Beat

Heart Beat

  • provided courtesy of iTunes

”Hey! welcome to my heart 迷っていないでほら Hi! Let's get together wake up now Stand up now ボクらはいまここで出会うため生まれてきたいろんなコトをさあ一緒にはじめよう”という歌詞から始まるんですよ!ファーストアルバム収録曲で、1st LIVE CIRCUITのタイトルにも歌詞が入った曲。まさにデビューが決まった今、これから先の未来を予感させる歌詞がマッチしてエモい。

デビューおめでとう(涙)

”溜息をついたりしてるキミを見てると ボクらが代わってあげたくなるから もっともっとたくさんの愛を投げかけましょう”ってところも優しいPrinceにぴったりだと思います。曲もキャッチー。

 

ラビュー・ラビュー

ラビュー・ラビュー

ラビュー・ラビュー

  • provided courtesy of iTunes

ベスト盤にも収録された名曲。照れて手をつなぐのをためらった僕に、事の重大さを10分も説いちゃう女の子のカップルの話。Princessにいっしょうけんめい愛されてるPrinceちゃんにはお似合いだと思う。超かわいい。

”あのヒロインはどこか影のある女スパイで”にアメリカを感じたのでいわちがいいなあ。”ミントティーに柔らかな午後の光と〜”が岸くんで、”そんな大きな口で笑ってなかったよ”が神宮寺くんかな。

あと試聴だと聴けないんですけど”意味のない嘘なんてつかないほうがいい 君を見てるとそんな風に思うよ ラビュー・ラビュー・ラビュー・ラビュー・オー・マイ・ダーリン この世界の憂うつを消してくれ”のメロと歌詞が気持ちよすぎて大好きなので岸くんに歌ってほしいです!ここを聴きたいがために再生してるときもある。

は〜〜ほんとかわいくてお洒落でかわいくて最高。

 

PRIME

PRIME

PRIME

  • provided courtesy of iTunes

 一番最初にパッと思いついたのはこの曲。3人でぴょんぴょんしながら客席煽ってほしいな〜若さで突っ走ってほしい!*1

 

 

じぐいわ

マシンガントーク

マシンガントーク

マシンガントーク

  • provided courtesy of iTunes

この曲もかわいいんだよ〜〜〜!今度はおしゃべりな女の子と、そんな女の子が大好きな男の子のカップルの曲。じぐいわでやったら絶対かわいい。”そんじょそこらの男達には手にも負えないレベルのYou're MY HONEY岩橋玄樹と、あだ名は国民的彼氏のそこらの男とは違う神宮寺勇太〜〜!(別に腐売りしてほしいわけじゃないよ)

Heart Beatとこの曲だけプロデューサーのak.hommaが作詞も担当してるんですけど、言葉が好きというよりあの頃の若くてかっこいい爆イケ爆モておかのくんに言われたいなって感じでわたしは毎回ときめきしんでる。ちょっとアイドル路線っぽくてそこも合いそうだな〜と。中でも”キスして抱きしめてる時だけはホントに静かだね”がマジでしんどい。恋だよ、リア恋。あ〜〜〜

やっぱりここだけ岸くん歌って。( 結局自担に歌わせたいオタク)

そうだ、大サビ直前で出てきてここ歌おう…!!!きゃあああぎゃああって悲鳴が聞こえるよ!!!ついでにアウトロでモンキーダンス*2して終わろう〜〜〜全力でモンキーダンスをする岸くんのことをいわちが指差してきゃっきゃ笑っててほしい。そしてやれやれな神宮寺くん。

 

 

 

岩橋玄樹

Name is man〜君の味方〜

Name is man  ~君の味方~

Name is man ~君の味方~

  • provided courtesy of iTunes

おーれーはーおとこーだーからぁーっていわちのかわいい声で歌ったらめちゃくちゃかわいいのでは、歌詞とギャップがあっていいんじゃないかなとふと思ったので選曲。Princessにいつも愛してるって言ってくれるからこの曲の男とはだいぶ違う気はするけど。でもきっとかわいいと思う〜

 

ライオン

ライオン

ライオン

  • provided courtesy of iTunes

なんで浮かんだのか自分でもよくわからないけど、頭にライオンがふっと出てきた。”レディ・ライオン”のせい?岩橋くんに対する第一印象が、この子かわいいよりかっこいい系の子では?男の子っぽい〜だったので、せっかくならゴリゴリロックのかっこいい曲で何かないかな〜って考えてたのは浮かんだ要因の一つだと思う。

曲自体が大好きで、”世界中の臆病者は きっと僕に味方する”という歌い出しが最高…今Liveバージョン聞いてたら大サビがエモすぎてしんどい……あっ好きすぎて浮かんだだけかもしれない…やっぱりロックバンドの曲とかいいからアイドルの曲歌っててください。

 

 

 

岸優太

前回と合わせてもいっっっっっっちばん悩みました。ただ好きな男に好きな人たちの曲を歌ってほしい気持ちと岸くんという人間には何が合うんだろうという気持ちが混ざり合って、選曲が全く進まなかったです。岸くんはいつも掛け合いがあったりする一人で歌いにくい曲ばかり選んで大変そうだから、そういうのは除外しました(笑)

 

Light and Shadow

Light and Shadow

Light and Shadow

  • provided courtesy of iTunes

今回の記事で挙げた曲から1曲選べと言われたら、この曲と答えると思います。そのくらい好きです。おかのあきひとくんは天才。

まず歌詩が美しい。冒頭の”夜空には心の跡 煌めいて流星が落ちる 静けさと波立つ色は so blue 掌に握りしめた弱気な想い捨てられずに 夜明け前 瀕死の僕を蘇生してくれ”とか本当に綺麗な言葉並びだと思います。でもただ美しいものが流れてゆくだけじゃなくてその中にひっかかるものが凄くあるし、曲から感じる空気感や青さがとっても愛おしくて好き。”キスなんて無駄なのさ 心が濡れていない”とかやばくない?天才でしょ…天才だわ…

歌声も凛とした強さはあるけど尖ってないし、柔らかくて、すーっと入ってくる透明さが心地よくて大好きなんですけど、きっと岸くんも合うと思うんだよね!(ようやく本題)

歌詞も”さよなら さなぎのままのYesterday 今日で最後にするんだ かよわい羽広げ大地を蹴り出す力が欲しい”、デビューが目前に迫る今にぴったりではないでしょうか。サビの最後、”そしていつかは君のもとへと辿り着いてる””君”をファンと置き換えるとさらに胸にくるものがあります。さらに最後のサビではYesterdayのあとに”誰かのせいにしないで 僕の中で眠った未来をもう一度見つめてみよう”と続くのですが、デビュー慎重派だった岸くんぽいなあと感じました。その夢は眠っていたわけでも古くなってたわけでもないだろうけどね。

”きっと必ず扉は開き飛び立てるだろう”とこの曲も言ってくれているので、せいいっぱい羽ばたいてください!岸くんの未来に幸あれ!

…と、こんな無理やり歌詞をひっつけなくても本当に良い曲です。ぜひ聴いてください。

 

Sheep 〜song of teenage love soldier〜

10代の初々しくて可愛い恋の歌。岸くんは20代だけど、まだまだ少女漫画に出てくるような男の子もイケると思うし、10代で歌われたらリアルすぎてしんどいのでちょうどいいかなって。”「君が好き」”って歌われたい気持ちしかないでしょう。”今頃は世界のキングにもなってるさ”を世界のプリンスにして、ん〜〜〜!キラキラアイドルソングになると思う!かわいい!!!

好きな女の子に連絡をとろうとしているのか、ピッと携帯の音みたいなのが時々鳴っていて、岸くん長い事ガラケー使ってたのめっちゃ愛おしい…と思いながらにやにやした。かわいい。

はあ、この曲つくったのもおかのくんだって〜〜〜しんどい。

 

いつか会えたら

いつか会えたら

いつか会えたら

  • provided courtesy of iTunes

失恋の曲なんだろうなあ。 ”いつか会えたら よく晴れた日曜日に車で海に行こうよ””星の見える夜に車で街に出よう”といつか会えた先のことを願う気持ちが綴られています。CD音源は掠れた感じだけど(某サイトに転がってるクリスマスバージョンは普通に歌ってて、多分聴きやすいのはそっち)、岸くんの綺麗な声で歌ったら儚いけど、どことなく凛とした雰囲気になりそう。不確定な”いつか”を願う姿はきっと切なくて、でもオタクとしては嬉しくて、会わないでって思ってしまいそう。だからといって強制できるわけでもないし、こういう感情を抱かせてくれる人間味のある人が好きだから、どうしようもないのかもしれない。

岸くんの運転する車の助手席に乗りたいです。

関係ないけどジャケ写がいつ見ても最高………

 

IN THE DARK

IN THE DARK

IN THE DARK

  • provided courtesy of iTunes

上に挙げた曲に比べれば特別な曲というわけではないけど、なんだかんだ聴いてしまう癖になる曲。踊ってほしい。暗闇を擬人化した歌詞で、ジャニーズにはなさそうなところもレアじゃないですか。”羽虫”とか日常会話では使わない単語が岸くんの口から発せられるのちょっと聞きたい。 

2番サビの”まだ進めって まだやれるって 空の井戸からは水は汲めない”とかも諦めてない心を感じるのと単純に韻踏みが気持ちよくて好き。この一風変わった歌詞と曲と岸くんの声が合わさったら、気怠い透明感が爆発しそう…。

 

前回もほぼシングルがなくて、読んでくださったフォロワーさんに選曲がコアでびっくりしたと言われたんですけど(笑)一応岸くんだけはシングル曲も悩みました。ハネウマライダーとか歌詞もきらきらした爽やかさも似合うな〜とは思ったけど、本家のイメージが強すぎてしっくりこず。Winding Roadとかも間違いないとは思う。ラックも良い(ただの好み)。音源でもらえるならTwilight,トワイライト

 

散々書いたけど、寿命があと一時間しかないって言われたらフィルムズ素敵すぎてしまったとこたえます。*3

 

 

 

神宮寺勇太

プッシュプレイ

男らしいかっこいい声と、ギターを弾く姿を見たことがあるからだと思うんですけど、神宮寺くんが一番考えやすかったです。

ロックバンドに憧れた気持ちが歌われています。ポルノさんが3人から2人になって初めてのライブでお披露目された新曲で、これからもまだまだやるぞ!!みたいな気合いと熱が感じられてグッとくる。大サビの”OK もう一度血をたぎらせて”が激アツです。上のLIVE!音源はイントロもやばい。

神宮寺くんはアイドルで勿論ロッカーではないけど、『君だけに』の強い瞳が忘れられなくて、このくらい強い想いをのせて歌ってほしいなあと思ったので選びました。

  

ビタースイート

ビタースイート

ビタースイート

  • provided courtesy of iTunes

”彼女を壊してしまうもの全てから 守ろうとして僕が壊していた”くらい愛情が重い男だったんでしょうね。少しくらい狂った神宮寺くんも良いと思うんだ…(ゲスい顔)”退屈で息絶えた おかしいのは僕の頭(ココ)か?”で銃を突きつけるみたいに自分の頭さしてほしい。

でも”どなたか何処かで泣いている 彼女をみかけたとしたら そっと抱いてやってよ その娘はいい娘さ よろしく”って最後は彼女に対する優しさとか強がりを感じさせるところもよいです。

 

Search the best way

Search the best way

Search the best way

  • provided courtesy of iTunes

みんな色々あったと思うんですよ。まだまだ新規のひよっこオタクなので昔のことは知らないことも多いけど、何者でもない時代があったり、セクボだったりMr.がいたvs時期もあって、3人になって、King & Princeとしてデビューすることが決まって。ここに辿り着くまでには悩んだこともあるだろうし、沢山の子が辞めていったりしたと思います。それぞれの選択肢がベストだったと思えたら良いなと願いつつ、キンプリでデビューすることが決まったからにはどんどん突き進んでほしい。”未来まで待ちぶせしてしまうくらいに 光のにおい する方 走って行くんだ”って強く叫んでほしい。

そんな物語や未来への想いを背負って立つ力が神宮寺くんにはあるんじゃないかと思って、彼の背中に託してみました。

”After a flash of light. There were again darkness all around us. It's a time of trial for me. What's shall I begin with?”

フラッシュライトを浴びたあと、時には暗闇…困難なことも待ち受けているかもしれないけど、6人で頑張ってください。

King & Prince デビューおめでとう!!

 

 

 

ポルノグラフィティ ニューシングル

3月21日発売『カメレオン・レンズ』もよろしくお願いします!!!

カメレオン・レンズ

カメレオン・レンズ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

*1:まだ消化できてない、追いつけてない状況の自分にサビの歌詞を歌って、訴えかけてほしいのかもしれないとふと思った。デビューのことや、けっこんのことや、自分の現状とかいろいろね。

*2:イントロなどで昭仁さんがモンキーダンスをするのが定番になっている

*3:ポルノのライブでもききたいけど、ほんと天に召されて戻って来れなくなりそうでこわい

ジャニーズに歌ってほしいポルノグラフィティ楽曲について本気出して考えてみた〜V6編〜

 

わたしは、好きな人たちが共演したり交流したり、ジュニアが自担グループの曲を歌ってると嬉しくなったり(Princeにはもっとカミセンの曲を歌ってほしかったよ〜〜)と基本的には嬉しいタイプのおたくなのですが、皆さまどうでしょうか?

はてなブログでも◯◯に歌ってほしい◯◯の曲ブログをたまに見かけますが、わたしも書いてみようかなと思います!

 

ジャニーズに歌ってほしいポルノグラフィティ楽曲について本気出して考えてみた〜V6編〜

  

イエ〜〜〜ドンドンパフパフ!! 

以下目次、それぞれ2〜3曲(多い)(長い)

曲タイトルが歌詞リンクになっています。

 

 

V6

まずロックバンドとアイドルの曲は違うという前提があって、そこが両者を比較したりする上では面白かったんですけど、

まあ踊る曲ないよねっていう。

 

いやあ、ほんとない。面白いくらいない。ミュージックアワーの変な踊りがあるじゃん〜〜ってのはわかるけど、そ…そういうやつじゃないんだ!!!笑

踊る必要性もないし、無理に踊らせなくてもいいんだけどやっぱりV6といえばダンス!みたいなところがあるからそこは考えて選びました。*1

 

MICROWAVE

MICROWAVE

MICROWAVE

  • provided courtesy of iTunes

いきなりアルバム曲で知らない人ばっかりだと思うけど、僕の頭は冷蔵庫・冷凍庫のように冷え切っているから熱がほしい!電子レンジで温めて!って曲です(雑)非常に中毒性が高い。

なぜこれを選んだかというと、

・ピコピコ電子音系(バンドサウンド弱め)

・声加工は得意分野

・1人では歌えない掛け合いがある

・・・なんかV6っぽくないですか?似合いそうじゃない?

やるならBreak The Wallみたいにゴリゴリ踊ってほしい。緩急つけてレーザーもビュンビュン飛ばしてほしい〜〜

甘いメール エロい動画 笑顔 アンダーヘア 触れ合いのようなもの 忘れりゃいいのだけど〜"でどうでしょう…!

 

 

星球

星球

星球

  • provided courtesy of iTunes

歌詞はライブイベントで用いられる電球(専門用語で「星球」と呼ばれる)をモチーフに、「人間の心に何かを訴えかける星球」を自然な言葉で描いている。 タイトルは、新藤曰く、「現代の技術なら映像やLEDなどで代用できるけど、『星球』は今でも人を感動させられる」ということから名付けられた*2

めちゃくちゃコンサートで映えそう。

曲もエレクトロキラキラサウンドで聴きやすくて、星球が光る中踊ってる6人はきっと超アイドルだよ…!”星球みたいな時間(とき)がサバイバルな人生には必要””踊ろう騒ごう今夜ヒロイン”という歌詞がコンサートにぴったりだし、”それでもすぐにあなたは帰っていくだろう あなたが愛する Back to the daily life”で日常の原動力に、明日からの活力にしてくださいねって井ノ原くんの言葉*3を思い出して泣く。だから最初は井ノ原くんに、と思ってたけどきらきらした楽しい曲だから6人がいいなってことで選曲しました。

あと”Song for you あなたがたゆたえるほどのテンポで時計の針は緩めておいた”という歌詞が泣きたくなるほど好きです。

ちなみにMICROWAVE星球の編曲は、V6のGOLDも担当されたトオミヨウさん。この方はきらきらさせるアレンジが上手くて好きな曲ばかりです。GOLD大好き芸人の方におすすめします!

 

 

ワン・ウーマン・ショー〜甘い幻〜

youtu.be

シングルが解禁になると、踊るか踊らないか論争が勃発するV6界隈だけど、これV6なら踊れるに入るかなと思ったので選曲。女々しい曲を歌いがちなV6だけど、女性目線の曲は意外と新鮮かもしれない。

最後の”甘い幻は日替わりでやってほしい。わたしは、坂本くんか井ノ原くんか自担の日に当たりたいです!!!

 

 

Coming Century

INNERVISIONS

INNERVISIONS

INNERVISIONS

  • provided courtesy of iTunes

Report21

Report 21

Report 21

  • provided courtesy of iTunes

ルーシーに微熱

ルーシーに微熱

ルーシーに微熱

  • provided courtesy of iTunes

カミセンも難しかった!!

INNERVISIONSはラップのイメージで。試聴範囲外だけど、サビでぴょんぴょん飛びながら煽ってきそう。かわいい。サビ終わりの”1.2.3.4.5!”とかも似合いそう〜手を高く掲げるか前に突き出してほしい!強い!昔のカミセンって感じ。

Report21の21は21世紀のことだと思う、つまり時代がComing〜21Century〜ですよ!これは爆発的な人気がないと成り立たない曲だと思います。”衝撃のemergencyを迎え撃つのは 僕らしかいなさそう 結論は簡単で難解を極める 極上のgeneration生み出そう”というサビの歌詞がこの曲を端的に表しています。圧倒的な”僕”の存在とそれを支持する私たちという構図には熱狂するしかない。さらに、”I just change the world I just change your mind 未来は今”と続くのですが、僕が世界も、君の心も変えるよって、そんなのあなたに着いていく!と思える人に言われないと説得力生まれないでしょう…

どちらも2ndアルバム(2001年発売)の曲でポルノも若くてギラギラしてて荒削りだけど勢いがあって。カミセンも世の女子たちみんなが熱狂するような、勢いと強さがきっとあった。先にいる人は歳をとるし、若い子も生まれて時代が流れることは止められないけど、まだまだ思わず叫んで拳突き上げちゃうような熱を生み出せる人達だと思う!

逆にルーシーに微熱は大人になったお洒落なカミセン。”ゆっくり廻るこの地球(ほし)には僕ら二人だけ”という歌詞でCome With Meを思い出しました。”最高に青い宇宙に 二人溶けてく 涙も忘れるくらいキスを”なんて宇宙もびっくりな純愛歌ってたのに、チャラついた大人になってしまった。

カミセンにはなんとなくSF背負わせたい感ある…あとこのへんなら踊れそう。

 

岡田准一

黄昏ロマンス

youtu.be

あまり考えられなかったんだけど、声が甘いから良いバラード歌わせたくなるよね…これ歌うなら美人期のビジュアルで微笑みながらがいい。というか正直こんな素晴らしい曲ほかの誰にも歌ってほしくない(過激派)みたいな気持ちもあるけど、浮かんでしまったからしょうがない。君の前ではただの男になりそうじゃないですか?異論は認めます。

あとおじいちゃんになっていくことに抵抗する思考が働かなかったから(役で老人になってるせいか?)

 

 ギフト

youtu.be

何も言うことはないです、聴いてください。

 

 

三宅健

オレ、天使

オレ、天使

オレ、天使

  • provided courtesy of iTunes
自担と昭仁さんの声かけ離れすぎてるけど、二人って天使なんだよね(真顔)(ガチです)*4 あと二人とも妖精^^
オレ、天使。そう、エンジェル。」という台詞から始まるんですけど、ぜっっっったい似合う。だって天使だもん。でも全然かわいい曲ではなくて、皮肉のオンパレード。
”オレは真面目な天使だから 誰かが傷付いてしまう前に 愛という名の偶像崇拝主義を 叩き潰す”なんてスーパーアイドルに歌われたら皮肉効果も倍増です。でも”願いは叶うと誰が決めた?  笑わせんな!  神様だってそんなこと全然言ってなかった”って言われたら納得してしまうな… 健くんのキーンとする声も合うと思う。

TVスターもいいなと思ったけど、バンドマンじゃないし何より悲しいほどにアイドルに勝てると思えなかったからやめた。

 

 

惑星キミ

惑星キミ

惑星キミ

  • provided courtesy of iTunes

岡野昭仁天才…と思わせてドツボを突いてくる曲がたまにあるんですけど、その中の一つが惑星キミ

”ボクのそばにはずっと地球で言う月のように 廻ってる星がある その名も「惑星キミ」さ”から始まる宇宙的ラブソング。甘い。これを歌う健くん絶対かわいい。”ふわふわと満ちてゆく感情は無重力”な健くん絶対ふわふわしててかわいい。
”出逢いなんて星の数だけあるなんて言うけどボクにとってキミにとってそれは ひとつでいいだろ?”って健くんに歌われてしまったらクソ掛け持ちオタクに成長してしまったのでわたしは泣いちゃう…ごめん…。でもぴったりな歌詞だと思う。そのくらい”ボク”は一途な”LOVESICK STAR”なのに”ずっと変わらない距離で二人は居られる”なんて少し切ない。この距離感を感じるところも、アイドルな健くんに合ってるなあと感じました。
でもわたしが一番歌ってほしいなと思ったのは”キミにとってボクは青く見えているかな?”の部分。ボク=地球は綺麗な青でキミにとって魅力的に見えているかな?って意味かなと解釈したのですが、アイドルに置き換えればボクはキミにとって輝いていて見えているかな?ってことじゃないですか。今そのアイドルが好きな人にとっては輝いてる、青く見えているよって言えるけど、例えば降りた人からしたらきっと切ない気持ちになったりすると思うんですよね。人によって違う感情が生まれて広がっていくのもこの曲の良さだし、きらきらした空間の中でこの時間はボクとキミの関係になれるのって素敵だなあと。あ〜〜これ作ったのおかのくんなんだってーーーーしんどい。
 

ハート

ハート

ハート

  • provided courtesy of iTunes
難解なバラード。
上手く説明できないけれど、本能がこの曲だって言ってる…

 

 

森田剛

ウェンディの薄い文字

youtu.be

対照的な2曲を選んでみました。

ウェンディの薄い文字はとりあえず聴いてみてほしい。

健くん同様、甘い声のイメージが強くてピンと来るものが少なかった結果こうなりました(逃げた)。最後の”ウェンディ君だって可愛い指に リングをはめる頃になったら”を特に聴いてみたい。

は官尾…みたいな *5。といえば多分意外性とかはそんなにないと思うけど、きっと甘い歌声や吐息、繊細な指の使い方や目線の動きで、見る人皆が渦に引きずりまれるような表現が生まれるんじゃないでしょうか。もりたさまといえばダンスだし、ここもアイドルとロックバンドの違いだと思うのでそういうアプローチに期待します。期待しても披露されませんが

 

 

20th Century

Part time love affair

Part time love affair

Part time love affair

  • provided courtesy of iTunes
まずは不惑をこえた大人の魅力を出していきましょう。先ほども出てきたトオミヨウさんアレンジの曲、洒落てます。
 
”もっと早く出会えていたらなんて つまらない想いが胸を巡る”という歌詞、なんだか似たような曲を思い出しませんか?
 ”誰が決めた出会いの順番 やり切れない”…そう、GUILTYです。
 
”僕らのルールを忘れてさ 「帰したくない」 そう言えば””「また次も会いたいね」と 二人の歯車狂い出す”…このあたりも似ています。
 でも”困った顔で笑うのかな 「指切りをしたでしょ? 最初の日に」”と続くのが2曲の決定的な違いでPart time love affairのミソだと思うんですよね。 GUILTYはお互い罪を重ね続けていそうなのに対して、Part time love affairの男は超女々しくて、彼女のこと好きなんだろうけど恋もきっと叶わない。
この男、坂本昌行さんに演ってもらいたくないですか??一人で一曲フルで歌う姿が想像しにくかったからトニコンでどうでしょう?冷たい視線を向ける長野井ノ原も見たいです。
あと”あいつに電話をかけちゃやだよ””やだよ”が溶けるほど好きなんですけど、ここは絶対坂本さんで。
 
 
カルマの坂

カルマの坂

  • provided courtesy of iTunes
ポルノの楽曲は妄想を膨らませるような曲が多くて二次元のおたくなどにも人気みたいですが、カルマの坂も多分そういう系の曲だと思います。トニセンで例えるならちぎれた翼。少年と少女の物語のストーリーテラーになってほしい。
あと戸惑いの惑星が好きだった人たちは74ersも見ればいいと思うし、逆も然りだよ。
 
 
ベアーズ

ベアーズ

  • provided courtesy of iTunes
最後はポルノと坂本くんと井ノ原くん一緒に野球したことあるんだって!ってことでこの曲。野球ってすごい。(小並感)
野球の試合と恋の話を上手く合わせた歌詞なんだけど、2番サビで突然現れる”ママチャリのような男だけど”という例えに脱帽です。突拍子もない言葉や少し浮いた単語を使うと、失敗すればその部分のせいで曲がしぬけど*6、成功すれば一気に輝くと思っていて、これは後者だと思う。気持ち良いひっかかり具合だから好きです。さらにこの野球少年はママチャリ乗ってグランドに向かってるのかな〜夏だな〜なんて想像も膨らむ。爽やかな良い曲です。
 
ママチャリ部分は坂本くんに歌ってほしいな〜と思ってたけど、井ノ原くんがおちゃらけながら歌うのもアリだし、自転車屋の息子が歌う日があっても良いと思うので日替わりで!
  

あとRegretを聴くたびにわたしの中の井ノ原快彦が”急いで階段降りる時”*7〜って歌い出す。歌ってほしいというかもはや曲がすり替わる現象起きてる。カップリングだし地味なポジションかもしれないけど、こういう曲もトニセンはイケるよね。

Regret

Regret

  • provided courtesy of iTunes

さらに余談だけどラインは出せない手紙(聴けばわかる)

ライン

ライン

  • provided courtesy of iTunes

 

 

井ノ原快彦

ウォーカー

ウォーカー

ウォーカー

  • provided courtesy of iTunes
この曲大好きで、歌詞はまだ説明できるほど理解しきれていないんだけど、本当に好き。メロディーも気だるげな声も心地いい。”賞味期限が切れる夜の0時にミルクには何が起こるんだろう 致命的ななにごとかが”という歌詞には静かな衝撃が走りました。
井ノ原くんって早起きしてお仕事頑張ってるし、人としても凄く尊敬できるし、アイドルとしてきらきらした夢も見せてくれて、頑張ろうって思わせてくれる力を持つ人だと思います。まさに「人生は夢だらけ」というコピーが似合う人かもしれない。そんな大人の井ノ原くんに”青い約束”を歌ってほしいなとぼんやり思ったので選びました。井ノ原くんはギターが弾けるので、ぜひ弾きながら。
それと真摯に物事を受け止めて考えてくれる人だと思っているので、曲を聴いてどう感じたかなんてのも聞いてみたい。
 
 
グァバジュース

グァバジュース

  • provided courtesy of iTunes

『瞳の奥をのぞかせて』

youtu.be

井ノ原部門が一番紆余曲折あって正直わけわからなくなってきた…(笑)

グァバジュースは、ちょっと古い感じがいいんだよね。わたしの中では、シングルにはなりそうにないけどなんとなく良い曲で、なんとなくって思ってたのにいつのまにかクセになってる〜…みたいな立ち位置の曲です。この空気感がハマりそうだなと思ったのと、なんかソロで作ってそう。タイトルと”真夜中のコーヒーショップ”でパッとアップルパイが浮かんだからかな?

瞳の奥をのぞかせては、変態PVが最高な不倫系ソング。朝の顔!いいパパ!明るいお兄さん!みたいな世間のパブリックイメージとは違う井ノ原快彦を見せてくれ。闇落ちした光のない目で歌ってほしい…あと歌が上手いから選んだ。

 

 

長野博

別れ話をしよう

別れ話をしよう

別れ話をしよう

  • provided courtesy of iTunes
こういう一昔前の、ざらざらした曲ってなんでこんなに良いんだろうね……どうしようもなく好き。
今の仏や女神のような雰囲気を纏う長野くんってまさに優しさの象徴。勿論人間なんだけど、象徴的な人。でも昔の長野くんってもっと人間らしい見た目で、ああ男の人だなあ…って感じだったと思っていて(個人の感想です)。この曲はミステリアスで棘とかげも感じるような若い頃の長野くんがいいです。”その唇を その髪を その乳房を 奪う誰かに嫉妬する僕”と歌う長野くんはきっと美しいよ…
あとお酒のめない長野くんが別れ話をするためにバーで”バーボンかなぁ…ここは”って言うのかわいくない?そしてこの場合あくまでフィクションになるという意味でも大事。
 

youtu.be

この曲たまに聴きながらへこむんだけど(拗らせすぎ)似合うと思います。恋人との幸せな日常を歌った曲。長野くんが歌えば”最初のデートは 背伸びしたイタリアン”ってどんだけお高いところなの…ってなっちゃうけど、そこにフィクションを感じられるから選びました。ふわっとは想像できるけど、掴みきれなくてアイドル性が保たれるというか。

長野博=食ということでオニオンスープも浮かんだけど、約束の朝のほうがゆったりしていて素直に似合いそうだなと思ったのでこちらにしました。ちなみに歌詞にスープ登場します。

 

 

坂本昌行

ヴィンテージ

ヴィンテージ

ヴィンテージ

  • provided courtesy of iTunes
これも惑星キミと同じくどうやっても逆らえない、ンン〜〜気持ちよすぎていくらでも聴ける!好きです降参!!みたいな曲。
恋人とヴィンテージワインのように時間を重ねて成熟しようと歌う男。でも”僕が求めるコトは難しいものじゃなく 世の中で語られる"恋愛"の類でもない”ってなんて面倒な…もしかしたら二人の関係に危機的状況が訪れているのかもしれない。それでも”あなたにとって僕が 大切なままであり続けてゆく”って宣言されるので、この男別れたら間違いなく面倒だと思います。
坂本くんに「そんな些細なことでうろたえんなよ」って言われたかっただけ。
 
 
Working men blues

Working men blues

  • provided courtesy of iTunes
リーマン坂本昌行の出番です。
力強く歌い上げるイメージがあるから、6人の中では坂本くんが一番ポルノの曲を歌う姿が想像しやすかったし、かっこいいに決まってる。みんな大好きShelterだってロック!絶対かっこいいでしょって思ってるからこの曲に関してはそんなに言うことないけど、本当に歌われたらちょっと泣いちゃうかもしれないなあ…
 

・カメレオン・レンズ

youtu.be

とりあえず見て。

美しさと色気に殺されたいオタク(私とか)の妄想が詰まったような最高の映像じゃない?てか二人とも顔が良すぎない??性癖ど突かれすぎてしんどい昭仁さんの手の中の林檎になりたい

歌ってほしいっていうか、もはや宣伝したいだけなんですけど(おい)3月21日発売の46枚目シングル、不倫ドラマ「ホリデイラブ」の主題歌です。
”せめて同じ空を見れたらと 君の肩を引き寄せてはみても そこには二つの月が並ぶ お互いを知らないまま”…恋愛をしているのに噛み合わない、幸せになれなそうな雰囲気が似合うと思います。V担こういう曲好きじゃない?報われない感じ。前髪ありの長めゆるパーマにひげ付きで抱いてくれ。
 
この記事でも昔の曲をたくさん挙げたしその時にしかない良さも愛しているけど、カメレオン・レンズは年齢を重ねた今の彼らでないと歌えないアダルティな仕上がりでイントロから脳がやられます。痺れるほどかっこいい。歌声も最高だから、やっぱりほかの誰にも歌ってほしくない(過激派)
 
おそらく多くのポルノファンがこの曲を絶賛して喜んでいて、わたしはド新規オタクだけど本当に嬉しかった。そして以前にも似たような気持ちになったな〜と思いました。
Can’t Get Enoughが解禁された時です
洋楽みたいにお洒落で、ファルセットガンガンの色気が半端なくて、ジャケ写もアー写もMVも全部かっこいい。20年を越えてなお攻めて進化していくことがとにかく嬉しくて嬉しくて、絶対売れてほしいと思ったあの時の気持ち。*8
 
この曲にもそんな力があります。カメレオン・レンズは先行配信中。PVフルは初回盤DVD収録、さらにWorking men bluesのPVもついてるというお得っぷりなので気になった方は手に取ってもらいたいです。是非聴いてください!以上!

 

カメレオン・レンズ

カメレオン・レンズ

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

*1:ジャニーズにポルノの曲をブログで関ジャニに当てはめてるのはよく見かけたけど、バンドサウンドもやってるし想像しやすそうだな〜と思いました。応答セヨ買ったよ。

*2:https://ja.wikipedia.org/wiki/PANORAMA_PORNO

*3:コンサートパンフレットでそんなことを言っていました。OMGとか、ONESコンとか。

*4:滝沢歌舞伎、"OPEN MUSIC CABINET" LIVEにて大天使降臨

*5:内容は官尾のほうがヤバイ気がするけど、渦の歌詞はただエロいだけじゃないヤバさがあるんです、正解もわからないし、でも脳天に流れ込んでくる感じ…新藤晴一大先生こわいよ……(好き).

*6:何もできずにそばにいるの鼻水すすってがしぬほど嫌い

*7:光り射す場所へ

*8:あと薔薇と太陽、これも本当に嬉しかった。この3曲プレイリスト最強なのでおすすめです。

アイドルが好きです

今週のお題「私のアイドル」

 

 

 

アイドルってなんなんだろうなって、もうずっと考えている。

 

ジャニオタにとって担当って特別な存在ですよね。私にとってのアイドルの理想像はイコール担当だと思います。

 

 

私にとってアイドルは、その姿を見るだけでも頑張ろうって元気をもらえたり、好きだなあ〜ってきゅんとなる、幸せな気持ちにさせてくれたりする人たち。

夢の世界できらきら輝いていて、その裏ではきっと絶え間ない努力を重ねている。だから人としても尊敬できるし、何度でも好きだと思わせてくれる。

応援するにはエネルギーが必要だしお金もかかるけれど、それでも応援したい大好きな人。

 

現在の自担は、V6の三宅健くんとPrince…いや、King&Princeの岸優太くんです。

好きな人たちは他にもいます。でも三宅くんを自担としてから長い間、掛け持ちはしつつも担当という冠はつけてこなかった。例えばつよしくんなんかは、大好きだけどアイドルとして担当だ、とは思えなくて。

今は二人ともアイドルとして好きだと思えるから担当を掲げています。

 

そして、岸くんの前に一度担当という冠をつけたけど、今はもうその看板を降ろしてしまった人もいる。

色々と理由はあるけれど、一番の要因は単純にときめかなくなってしまったから。本当にこれは本人だけのせいじゃないし、私自身の変化もある。今でも好きか嫌いかで言えば好きだけど、どうでもいいやってなってしまった。冷たいね。

 

 

だからときめくことができるのってけっこう大事で、リア恋沼岸くんなんてドンピシャしんどい大賞です。なんなら軽く同担拒否。

 

でもときめく人たちってアイドルじゃなくてもいるんですよね。

身近なところに好きな人がいれば学校に行くのだって楽しい気分になるし、なぜか今になって某卑猥な単語ロックバンドにハマってしまい、43のゆるふわ妖精おじさんにときめきまくっている…(厳密に言えば、25と30前後くらいのAさんに恋してるので許してほしい)(一応言っておくけどちゃんと彼らの音楽が好きですよ!)

 

好きだ〜ってきゅんきゅんできたら誰でもいいのかよって話だけど、やっぱり好きの気持ちに勝てない部分はあるんですよ…。だから余計にアイドルってなんだ…って思ったりしてたし、あとまあ彼氏なんかができたらこの気持ちも変わるんだろうなあって思います。

 

というわけですので私にとっては結婚だってアイドルであるかという以前に、その人が好きか否か、ときめき指数の度合いで私の中で受け止め具合がかわります。今の私にとってはおかだくんの結婚より断然妖精おじさんが指輪つけてテレビ出てることのほうがしんどい。 

 

でも妖精さんはアイドルじゃないから しょうがないよな〜って割り切ってる部分がある。アイドルってお仕事だから。ここでアイドルじゃない人たちとの違いがあるんだなって改めて思います。

 

 

悲しいかな、理想や欲を押し付けているんでしょうね。

"アイドル"だから、してほしくないことがある。

岸くんと結婚できるとか本気で思っているわけじゃなくても、(したいけど)夢を見ているから結婚されたらショックを受けるに決まっている。健くんはリア恋とはちょっと違うし本当に幸せになってほしいとは思っているけど、現実になったときは正直どうなるかわからない。

 

"アイドル"からの言葉に救われたときは、無意識のうちにこういう言葉を求めていたんだなって思う時もあるし、こちらの想像をこえる言葉をくれて感謝の気持ちでいっぱいになることもある。その感情にはアイドルだからとはいえこんなにもファンのことを考えてくれて嬉しいって気持ちと、矛盾するようだけどそんなに背負わなくてもいいのにって気持ちもあったりしてごちゃごちゃしています。

 

でも私というファンはたくさんのアイドルの中からその人を選んで応援して、勝手に冷めたりするくらい自己都合でしか生きていなくて、とはいえそんなものだと思うのですよ。

本当にエゴでしかない。

けど、それを考え始めると終わりがないし、消費者もいないといけないわけで…

最近はごちゃごちゃ考えるのは控えるようにしていて、彼らからのプレゼントはありがたく受け取って。そのかわりアイドルになってくれて、アイドルでいてくれてありがとう…という感謝は絶対忘れないようにと思って応援しています。

 

 

いつもはかっこいい!!!かわいい!!!好き!!!くらいしか言えないおたくなので普段からこんな小難しいことばっかり考えてるわけじゃないけど、様々な犠牲や努力の上に成り立つ儚さや煌めきがどうしても好きだし、だからこそ響くものがたくさんあるんだろうなあ。

 

 

私は今日もアイドルが好きです。 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

______________________________________

 

 

  

 

 

余談

ここまで書いて思ったけど、改めて中元日芽香ちゃんって私にとって、とっても"アイドル"だったんだなあって…ああ…

 

がむしゃらに進む姿勢というのは
それだけで人の胸を打つもので
 
特別な才能があるわけではない私でも
勇気なのか、癒しなのか、希望なのか、
色んな感情を与えられる。
 
アイドルの一番のウリは
素のキャラクターと
仕事への"姿勢"なんだと思います。
 
シンガーには敵わないし
ダンサーには敵わないし
芸人には敵わない。
 
パフォーマンスが完全でない分
いかに目の前のことに真摯に取り組むかが
求められている職業かなと考えた時、
 
私はアイドルとして何事にも
全力でぶつかってきたつもりです。

 

 

最後まで"アイドル"として駆け抜けてくれてありがとう……

はじまりか、を残して「広い宇宙にあなたと私 出会えた奇跡にありがとう」って言ってアイドルを終えた万理華とひめたんの卒業によって、私のアイドル推し人生、マジで一幕終えたわ…。

 

 

 

 

 

 

僕は君に会えてよかった

 

 

2017年ももう終わりですね。

今年も激動の一年でした。

 

特に下半期はアイドルについて考えさせられる時間となりました。

あとめちゃくちゃ泣いた一年だったな。

 

 

私の推しのアイドルたちが卒業します。

乃木坂46中元日芽香ちゃん、伊藤万理華ちゃん。そしてお金を使うようなことはしなくなってしまったけど、渡辺麻友さんも。

 

まゆゆは初めて握手したアイドルで、総選挙で投票したこともあるし、ずっと一位になってほしいと願っていたのは彼女でした。

一位になったときはもちろん泣いたし、なれなかったときも泣いた。

ずっと王道アイドルを貫いてきたまゆゆが大好きでした。

卒業おめでとうございます。

 

 

 

伊藤万理華さん。 

万理華ちゃんは王道とは言い難いアイドルだったと思う。

でも私はそこが好きだった。

抜群のファッションセンス、写真が好きなところ、絵を描くところ、鉱物が好きなところ…簡単に言うと趣味が合う。

万理華ちゃんとの握手は本当に楽しかった。同い年だったし話しやすくて、おしゃれで、とっっってもかわいい!私がレモンクォーツのネックレスをつけていたとき、握手そっちのけで「かわいい…」ってネックレスを触りながら夢中になってたな〜宝物です。

もっといろんな話をしたかったなあ。お金があれば何十枚も券を買いたかったし、欲を言えば友達になりたかった。

憧れの存在。

 

だけど、歌って踊るきらきらしたまりっかも最高に好き!!!

乃木坂の曲の中で一二を争うくらい「生まれたままで」が好き。

バレッタで本格的に好きになって、生まれたままでで本腰据えて応援するようになったし、万理華ちゃんを好きになった。

 

生写真ひとつとったってポージングが素晴らしくて、毎回かわいかったな〜

 

万理華ちゃんが久しぶりにアンダーに落ちたときのアンダーライブ、群を抜いた表現力でひときわ輝いていて、さらに好きになった。

 

そして最後の東京ドーム、これでもか!!!ってきらきらしてる万理華ちゃんがいた。

最後の最後で、改めてアイドル伊藤万理華に惚れ直した。

踊るたびに揺れるポニーテールが大好きだった。

アイドルじゃない、表現者としての万理華ちゃんも好きと言いつつ、もうアイドルの姿は見れないんだって寂しさが急にこみ上げてきて、最後までずるい人だなと思った!好き!!!

キレッキレのインフルエンサーがもう見れないのがさみしくてしょうがない。

 

結局弾丸で京都に行って脳内博覧会も見た。

「トイ」の表現力に惚れて「はじまりか、」に泣かされた。

 階段下からの『未来はたった一歩先』の万理華ちゃんが美しくて最高に好きだった。

SUNNY&BLUE、まりっかと万理華。どっちの万理華ちゃんも万理華ちゃんで、何度も言うけどどちらの面も好きだから。福神まで登りつめたし、卒制個展やって、写真集も決まって、とても晴れやかな気持ちで送り出せます。

アイドルとしてのまりっかはいなくなってしまうけど、これからも応援します。

卒業おめでとう!

 

 

 

中元日芽香ちゃん。

最初は同じ広島出身だからとかそのくらいで気になり始めたと思う。

でもいつからか、アイドルなひめたんに惹きつけられていった。

ツインテールも大好きだった。ひめたんびーむも大好きだった。

 

多分ひめたんに対しては、本来の「応援する」という意味で応援していたんだろうなあ。

がんばれ、がんばれって強く思っていたし、誰よりも輝いてほしかった。報われてほしかった。

 

バレッタで選抜に入ったものの、そのあとはなかなか戻れなくて悔しかった。

だからこそ、「裸足でSummer」の選抜入りはめちゃくちゃ嬉しくて泣いたし、曲も良くてMVもかわいくて、にっこにこの笑顔で映っててまた泣いた。

音楽番組もたくさん出て、今じゃイントロで涙腺が緩むくらい思い出がいっぱい。

『いつもの夏と違うんだ』って歌詞がまさに、だった。

 

ひめたんって長い間報われなくて、ポジションもそんなによくなかったと思うし、体調不良で思うように活動できないこともあった。

けど、アンダーでもどんどんセンターを任されるようになった。

「君は僕と会わない方がよかったのかな」「嫉妬の権利」「不等号」そして「アンダー」。

どの楽曲も大切だけどやっぱり君僕が宝物で、すぐ涙腺が緩んでしまうのと大事にしたいから気軽にきけないくらい、本当に宝物みたいな曲。

歌唱衣装もピンクでひめたんのための衣装みたいで嬉しかったし、さすがお似合いになられてました。

MVはグレーの制服でそれもめちゃくちゃかわいかったなあ。

 

そして最後のライブ、新しいグレーの制服風の衣装に身を包んで、ピンク色に染まった東京ドームの真ん中で歌うひめたんが誇らしかった。

今まで見たペンライトの海の景色の中で一番きれいだった。

 

 

 

中元日芽香ちゃんと伊藤万理華ちゃん。

二人とも大好きなアイドルだった。

二人が選抜だったバレッタで乃木坂を好きになって、ライブは推しタオル二本、サイリウムも両手で二人分、握手も二人。

Mステにアンダーでひめたんが出た時、二人で何かしようって一緒にカメラアピールしてくれたのが嬉しかった。

もう一度二人で選抜に入れたサヨナラの意味のMVのダンスシーンで二人共とてもいい表情で映っていたのが嬉しかった。

ごめんね、スムージーみたいな超アイドル曲ももらって嬉しかった。歌い方がかわいいよね〜〜三人とも声が超かわいい。

 

一緒に卒業してしまうなんてさみしいけど、少し安心している気持ちもある。

 

 

私は中元日芽香ちゃんにナンバーワンアイドルの称号をあげたかったから。

順番をつける意味もないし、これはもう意地みたいなものだけど、一番をあげたい。

 

先にひめたんが卒業を発表していて、そのあと万理華ちゃんはいるけどひめたんいないのかあって思いながら見るのはさみしいなと思っていた。

二人とも大好きだけど、万理華ちゃんは本当に多彩で、ひめたんが多彩じゃないとかそういう話ではないけど、ひめたんはずっとアイドルだったから。

 

V6で例えるなら坂本くんといえばミュージカル、長野くんは食、井ノ原くんは朝の顔や司会、剛くんは舞台、岡田は映画…でも健くんはアイドル、みたいな感じ。

 

たくさんのものを犠牲にして、ずっとひたむきに頑張っていた。

最後のブログでもアイドルについて語っていた。

 

ひめたん-0o0-その731 | 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ

 

読みながら、私はひめたんのこういうところが好きだったんだなあって思った。

不器用で、輝くステージの裏側やつらいことなんかもあんまり吐き出さない人だった思う。

メンバーに楽屋でもアイドルだったって言ってもらえてて嬉しかった。

写真写りだってそんなに良くないし(ごめん)、ちょっとぷにっとしてるし(ごめん)、完璧かっていうとそうじゃなかったかもしれないし、もっと可愛い子とかもたくさんいたけど、それでもやっぱりひめたんを応援してきたのは、アイドルに対する姿勢が好きだったからなのかなって。

 

中元日芽香ちゃん、アイドルになってくれてありがとう。

出会えてよかったです。卒業おめでとう!

 

 

 

東京ドームのきっかけで、二人が手をつないで歩く姿を見られて幸せでした。

二度とない、せつなくて儚くて、美しい光景でした。きらきらしてました。

 

 

大好きなアイドルたちへ

これから先の未来が新たなときめきと出会いの場になりますように、愛をこめて。

 

 

 

 

 

 

 

 

8.20 FUKUOKA〜〜〜

 

 

V6 LIVE TOUR 2017 The ONES

行ってまいりました〜〜!ので、取り急ぎ書きなぐりの感想です。(と言いつつ横アリ前ぎりぎりの更新)

三宅担だから基本ずっとけんくんばっかり見てる人の話ですのであしからず。

 

!ネタバレしてます

!MCレポを知りたい人は、もっとちゃんとした方のを読むことをおすすめします

 

 

 

続きを読む

2016

 

 

2016年のまとめ。
結局そんなに更新できず、現場の感想もまとめられないままだったので、ざっくりとではあるけれど記録と一緒に少しだけ。

 

・01/01(金) 2015-2016 Concert KinKi Kids

キンキコン!懐かしい…

光一くんのお誕生日のお祝いができて嬉しかったし、MCでつよしくんが岡田くんにお年玉をせびられた話をされたときは一人でぎゃーーーーー!!!!ってなった。楽しかった…

この時は大阪も二日とも入った。初日に入れてセットリストも何にもわからない状態で、ほんとうに全部が楽しかった!悲鳴をあげながら崩れ落ちたポイントは、やめぴゅ、Misty・キスミス、特にセンターステージでたった二人だけで歌い踊っていた後者の2曲は最高だった……

あとハモデの演出もよかった!つよしくんが大阪でかぶっていた帽子たちがめちゃくちゃ好きだったから東京で髪型かえて一つもかぶらなくて残念だったな〜笑

 

・02/20(土) 4th Anniversary 46道府県制覇!のぎ声リレー

・03/26(土) 広島FM「5COLORS」公開録音 with 乃木坂46

春休みのあいだにまさかの推しの2人に会えて嬉しかったイベント。まず地元に来てくれるのが本当に嬉しいし、ひめたんは凱旋だからなお嬉しい。まりかちゃん髪の毛さらっさらでした〜見習いたい。

 

・04/16(土) 滝沢歌舞伎2016

omg317.hatenablog.com

とにかく2016年の中で一番泣いた日だと思う。書きかけだけど一旦公開…

今はだいぶジュニアも知ってる子が増えて、円盤見るのはより楽しくなってる。

健くんが大好きだし、やっぱり幸せだなあって思った。

 

・04/17(日) ナショナル・シアター・ライヴ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」

ちなみに歌舞伎を観た次の日は、以前森田剛さん主演で観劇していた「夜中に犬に起こった奇妙な事件」の外国版ナショナル・シアター・ライヴを観た。

とってもよかったのだけど、幸人くんが恋しくなりました。あと東京の地理は詳しくはないけど外国よりはわかるしそういう演出も含め、日本版にアレンジされた脚本のほうがいろいろグッときたなあ。

あとこれを見る前に三鷹A.B.C-ZがHanakoで訪れていた珈琲やさんに行ってホットサンドを食べたんだけど、これがめちゃくちゃ美味しかった〜♡ぜひまた行きたい!

 

・04/24(日) 寝盗られ宗介×2

戸塚くんの初現場。初松竹座。転げ落ちるみたいに加速していったので、勢いで一般の電話かけたりなんやかんやしていきなり昼夜入るという。でもこの時昼公演の時間は早かったし、夜公演の時間は全然夜じゃないし今までにない時間の感覚で面白かった。

会ってくださった戸塚担の方々、みんな面白くて楽しかったな〜

舞台も面白かった!劇中で使われていた曲が印象的で今年わりと聞いてたなあ。あとカーテンコールでみんなが挨拶するのがけっこう新鮮だったかも。

それに演者の方が(最近私が観たものの中では)人数がいて、しかも一座のみんなそれぞれがすごく愛おしかったから目が足りなかったなあ。

 

・05/05(木) 乃木坂46 14thシングル「ハルジオンが咲く頃」発売記念 個別握手会

ひめたんも万理華も可愛かったし、何より楽しかった〜

 

・05/29(日) 寝盗られ宗介

一般電話かけて千秋楽まで入るという勢い。大体沼に入りたての頃はガーーーーッとのめり込んでしまう癖があるんだろうなと自分で思う。しかもまさか2ヶ月連続で新橋演舞場にお世話になるとは。

ちなみにお弁当付き桟敷席でとても快適でした。机があったから初めてメモもしてみたな〜。お弁当だけじゃなくて桃プリンも食べたからすっごいおなかいっぱいになってしまったけど、美味しかった!♡

あと錦織さんがいらっしゃって私にはよくわからないところで笑ってて、アッいる…!って思いました。初めて見たよ。

 

・06/29(水) コインロッカー・ベイビーズ

広島公演ありがとう!多分地元に来てくれてなかったら余裕がなくて観に行けなかったと思うので本当にありがたかった。

あと舞台自体がメッッッッチャ好きだった。超よかった。曲も最高だったからサントラ売ってくれ!!!って何度言ったことか!

ハシもキクもよかった。複数の役を演じきっていた真田くんも凄かった。ほかの方もみんなとってもよかった。

でも何よりアネモネが大好きだった。「キクが好き!」って素直に言えちゃうところ。可愛くて健康で、すごく強い。ちょっと今語ろうにも言葉がまとまらないけど、とても可愛い女の子だったことは間違いない。ワニの国、大好きだった!

 

・08/11(木) A.B.C-Z Star Line Travel Concert

初めてのえびコン。初の代々木第一体育館。いつも近くまで行っても外から眺めるだけ、去年死ぬほど入りたかったけど入れなかった、V6にとっても大切な場所。ああ、ここでデビューしていったんだなあって思いを馳せながらもちろんちゃんとA.B.C-Zのコンサートを楽しみましたよ。

席がまさかのアリーナ最後列(つまりバクステ側最前)で、メインステージとセンターステージはよく見えなかったけど、近くに来た時は邪魔するものがないからすっごい人がよく見えて最高でした。

アンコールでデニム衣装のとつかくんがスタンドのほうを見ながら目の前で歌ってた時めちゃくちゃかっこよかった…

あとこのとき見たCrazy about youがすごくかっこよくて曲自体の好き度も増した。バクステからメインステージに向かっていくのをバクステ側から見れたのもよかったんだろうし、映像が流れてたのもよかったよ!

 

・08/28(日) 堂本剛 平安神宮LIVE 2016

今年の平安神宮は天気におどらされたなあ。でも私が入った最終日は公演中は雨も降ることなく無事終演。

全体的にアレンジが好みだったな。ミニアルバムの曲もめちゃくちゃ好きになって帰ってきたんだけど、アレンジが全然違うからコレジャナイ感もありつつ、でもよく聴くようになりました。

NIPPONとかも大好きだったし、まさか音楽を終わらせようを聴けると思っていなくてすっごくどきどきしてました。あと最後のこれだけの日を跨いで来たのだからで友達と二人して号泣していました。

去年も今年もよかったから円盤をぜひはやく出してほしいなあ。映像は収録してたからね、まってます。

 

・09/22(木) 乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー〜中国シリーズ〜 広島公演

omg317.hatenablog.com

ツイッターに落とした感想をまとめているのであんまり書かないけど、めっっっっちゃくちゃよかった!!!!!です!!!!!

 

 ・10/02(日) A.B.C-Z Star Line Travel Concert

戸塚くんが髪の毛切っててひたすらしんどい…を繰り返していた大阪城ホール。円盤も発売されたことだし感想まとめられたらいいなあと思いつつざっくりと。

スタンド2列目でこれまた通路に来たらひーーーってなる席だったので逆に今後がちょっと心配。

戸塚くんは若返ったなあって思った。代々木で見たオールバックの戸塚くんもかっこよかったし、好きにしてくれればいいよ〜と思いつつも、好みのビジュアルになると嫌でもテンションはあがってしまうしモチベーションも爆上がりなのでわがままなおたくでごめんよと思ってはいる。

あと大阪はふみとくんのさらさらの髪の毛がめちゃかわだった…目の前にいたとき本当にきゅるっきゅるだったよ…

5trainでむりむりしんどい;;ってなってたら戸塚くんがすぐこっちのほうにやってきて、Fantastic Rideの歌い出しを近くで拝めたのが最高に幸せだった…上着脱いで持ったまま決めポーズしてて、かっこよかった…

そして「V」。前日のレポを見て、ほう…衣装かえたのか〜と思っていたら上半身裸だし、いきなり太陽のあたる場所のラップを歌い出すし、パニックになりながらわたしの涙腺は崩壊。このころ太陽のあたる場所に関するエピソードもすこし目にしていたせいもあるし、わたしがV6を好きだからっていうのもあるし、そもそも歌詞が良いっていうのもあるし、いろんな感情ごちゃまぜだった。戸塚くんが叫んだラップ部分はカミセンが歌っていて、わたしはいつも泣きそうになってる。去年のコンサートでは号泣していた。昔のことなんてぜんぜん知らないひよっこなのに、いろんなことを想像したりして勝手に泣いてしまう。ギターを弾いて歌う戸塚くんも、バックのLove-tuneと一緒に楽しそうに踊る戸塚くんも、ずっときらきら輝いてた。

あと萩ちゃんと顕嵐ちゃんの顔がかっこいい!!かわいい!!!!!ってずっと言ってた。顕嵐くんはお疲れモードなお顔だったけど超かわいかった。ほんとかわいい。Love-tuneのMasterpieceが円盤に収録されなかったことはかなり残念だなあと思いました。大阪はメインステージを横から見るような席だったんだけど、美勇人くんの脚が長すぎてびびった。脚をあげるところ。なんかもうきれいなお姉さんのようだったな…

いっそのこと大阪も全部収録してほしかった。

 

 

 ・10/30(日) We are KinKi Kids Live Tour 2016 〜TSUYOSHI & KOICHI〜

運良く譲っていただけて入れたアリーナコン。しかもグリーンアリーナ…!地元の会場なはずなのに入るのは2013年のVコンぶり…なかなか久しぶりでした。

このときは終わったあとメモアカウントにツイートしてたからまとめた。

omg317.hatenablog.com

 

 

そして11月。アイドルたちに会える予定は何もなかったんだけど、えびちゃんずーのロケに遭遇しピンクと紫と青の人たちに会えて12ヶ月中10ヶ月、誰かしらアイドルに会えた1年になりました。 

 

 来年は物事を整理してまとめられるようになりたいね。

ただまだまだやり残したことがあるので13月が来てほしいと願っています。